「開いてパン!パン!ストレッチ」で太もも引き締め/前新式寝たままリンパ体操

1808p106_01.jpgリンパティック・ストレッチ考案者の前新マミ先生

 
美脚に役立つ!股関節の開きもよくなります

脚がむくんだり重くなったりするのは、重力の影響を受けて、血液やリンパの戻りが悪くなるからです。脚を上げておくだけで血行が良くなり、リンパも戻りやすくなります。壁に脚をもたれさせたり、いすに脚を上げたりするだけでも血液やリンパの戻りが良くなりますが、脚を上げるストレッチを行うと、さらに効果はアップ。

美脚づくりにも役立ち、特に太ももの引き締めに効果的である「開いてパン!パン!ストレッチ」をリンパティック・ストレッチ考案者の前新マミさんに、教えてもらいました。

 
脚を上げる効果ってスゴイ!1808p106_02.jpg

スラリと美しい脚をつくるのにおすすめなのが、バレエで跳びながら脚をクロスして着地する「シャンジュマン」という動きを、寝た姿勢で行うストレッチ。このストレッチは脚全体を使うことで美脚づくりに役立ち、特に太ももの引き締めに効果的です。

脚を閉じるときや骨盤を安定させるために重要な働きをする、内転筋も鍛えることができます。腹筋を意識してしっかり使うとさらに効果はアップ。繰り返すと股関節の開きもよくなってきます。

また、脚を上げて壁にもたれさせて開脚すると、自分の脚の重さで股関節の可動域がジワジワと広がってきます。

 

 

開いてパン!パン!ストレッチ(4回)

左右の脚を交互に「開いてパン! パン!」と言いながらクロスします。写真のオレンジ色の斜線部分を意識しながら行いましょう。

1 あおむけになる
あおむけになり、腰の真上で脚を天井方向に伸ばします。かかとは突き出します。

1808p107_02.jpg


◎ポイント
脚が床側や上体側に倒れないように、腰の真上で伸ばすようにします。

 

2 脚を開く
脚をV字に開きます。無理のない範囲で大丈夫です。
1808p107_01.jpg  
3 脚をクロスする
左右の脚を「パン!パン!」と2回、クロスします。かかとは必ず天上に突き出して行います。写真の場合は、右足が前にくるように2回クロスをしています。1808p107_03.jpg 

4 反対の脚からクロス
今度は3の脚と反対側の脚が前に来るように2 回クロスします。3と4の動き1セットとして4 回繰り返します。1808p107_05.jpg 

5 あおむけにもどる
3、4の動きを4回繰り返したら、最後はあおむけに戻ります。
1808p107_04.jpg

 

※前新マミさんのその他のリンパ体操はこちら。

 

取材・文/石井美佐 撮影/藤田浩司 ヘアメイク/ange イラスト/小沢陽子


1807p112_prof.jpg

前新(まえあら)マミさん

1950年、北海道函館市生まれ。バレリーナ、プロダンサーとして活躍。バレリーナのためのリンパティック・ストレッチを考案。著書に『寝たままスッキリ!リンパ体操』他。

この記事は『毎日が発見』2018年8月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP