プロ直伝! 誰でもできる「前髪ちょこっとアレンジ」でボリュームUP!

ライフスタイルの変化によって、薄毛を気にする人は男女にかかわらず増えています。本誌の読者モニター350人にとったアンケートでも、薄毛が気になっている人は多数いました。薄毛への対策は早ければ早いほど実を結ぶといわれているため、薄毛対策はできるだけ早く始めたいですよね。

今回は、薄毛の予防に有効なマッサージ術、おすすめの食事、さらに髪を豊かに見せるヘアアレンジの簡単な「ちょいテク」を、ヘアメイクの野崎裕子さん、HARG治療センターの福岡大太朗医師、名古屋Kクリニックの岡嶋研二医師にそれぞれ伺っていきます。

 
薄毛になる前の意識的な予防が大切!

髪について『毎日が発見』読者モニター350人にアンケートをとったところ、「まだ薄くないけど気になる」と答えた人がなんと全体の64%にも上りました。

読者モニター350人に聞きました

1806p064_01.jpg

 
女性の薄毛はFPHL(女性型脱毛症)と呼ばれ、女性ホルモンが減少し、男性ホルモンの割合が増えることで起こる現象といわれています。
男性の薄毛と異なる点は、年齢や生活習慣の悪化などの理由で女性ホルモンの量が減るものの、一定の量は分泌され続けるため、つるつるの状態になることが少ないということです。髪が細く弱っていき、分け目から次第に薄くなるのが特徴です。 

では、防ぐためにいまからできることとは何でしょう。それはズバリ「生活習慣の見直し」に尽きます。具体的には、質の良い睡眠、運動、バランスのとれた食事などが挙げられます。
皆さまお気付きかと思いますが、薄毛予防とはすなわち、生活習慣病の予防にもつながるのです。髪も体も健康になれるなら、取り入れない手はありません。
そして、追加で気を付けていただきたいのが、頭皮ケアです。頭皮という土壌が清潔に保たなければ、美しい髪は生えてきません。

 
超簡単!薄毛をカバーできる若返りへアレンジ術

「頭頂部をふっくらさせたいけれど自分ではなかなかできません」。
皆さんからこのようなお悩みを頂くことが増えました。頭頂部をスタイリングすると、ボリュームがアップして若返った印象になります。しかし、プロのように満足いく仕上がりにするのは至難の業ですよね。 

そこでおすすめしたいのが、誰にでも簡単にできる「前髪ちょこっとアレンジ」です。「いつもと分け目を変え、さらにドライヤーを前髪の根元に当ててブローするとふっくらさせることができますよ。鏡を確認しながらできるので、頭頂部をスタイリングするよりもはるかに楽にできます」とヘアメイク野崎さん。
簡単な前髪アレンジ、ぜひ取り入れてくださいね!

<Before>

1806p065_01.jpg
今から挑戦します!

1806p065_03.jpg

まずは分け目をいつもと違う場所に作ります。お好きなところで構いません。分け目が直線的にならないよう手グシで行いましょう。

 

1806p065_04.jpg分けた髪の根元に向けてドライヤーの風を下から当て、生え際の髪を立たせます。指で根元を固定すると立ち上がりやすいですよ。

 

1806p065_05.jpg

立ち上げた髪をクシを使って横に流し、こめかみにかぶせます。ハチ(頭のてっぺんと、こめかみの間の最も出っ張っている部分のこと)を隠し、丸くスタイリングするのが最大のコツですよ。

<After>

1806p065_02.jpg前髪に高さを出し、毛先をこめかみに流すだけで違いは歴然。簡単なのに、若返りと小顔効果も発揮します!

 

次の記事「まだ育毛剤だけ? 薄毛予防に最善のマッサージ術を伝授!(2)」はこちら。

取材・文/荒井さやか 撮影/楠本隆貴(will creative)

<教えてくれた人>
野崎裕子(のざき・ゆうこ)さん

本誌でもおなじみのヘアメイクアップ・アーティスト。技術はもちろん、理論的な提案に信頼が厚い。

この記事は『毎日が発見』2018年6月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP