私の子育ては大丈夫?報道される容疑者像に自分の息子を思う

18.jpg

ペンネーム:ラジオ体操第二
性別:女
年齢:52
プロフィール:1人の子持ちシングルマザーです。息子が小学生の時に離婚しました。それ以来親子2人で生活しています。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

◇◇◇

新幹線殺傷事件を起こした、小島一朗容疑者22歳の母親がマスコミに出した謝罪文に「私なりに愛情をかけて育ててきました。今回このようなことになり、どちらかといえば正義感があり優しかった一朗が極悪非道な、一生かけても償えない罪を犯したことに未だに困惑しています」と書いてありました。

新潟女児殺人事件を起こした小林遼容疑者(23)の同級生は「目立つタイプではなかったですが、特にイジメられているというわけでもなかった。真面目な普通の子という印象です」と言い、小林容疑者の周辺からは一様に「真面目、信じられない、といった言葉が並

ぶ......」とありました。

私は、息子が小学生の頃からシングルマザーで、生活のためフルタイムで働いています。

平日の朝はお味噌汁とハムエッグなどの簡単な朝食を作り、息子と一緒に食べて学校に送り出します。夜は私の方が帰宅が遅いため、帰ると直ぐ晩御飯作りに取り掛かり、その間息子は私の代わりにお風呂を洗い、洗濯物を畳んでくれています。晩御飯も2人で食べ、その日あった事を話したり、テレビを見て笑ったりして晩御飯が終わります。
息子は田舎の祖父母を大事にし、帰省時には老人ホームの祖父を訪ね、耳の遠い祖母の話を辛抱強く聞いて話し相手になってくれています。

他人に息子の育て方を聞かれたら「限られた息子との時間ではありますが、私なりに一生懸命愛情をかけて育てました」と言うでしょう。時間のない私を労り、私の代わりに家事をこなし、祖父母を気にかけてくれている息子を「優しい息子」というでしょう。

息子はクラスで騒ぐタイプではなく、どちらかというと大人しい印象です。

多分、周囲の意見を聞けば「目立つタイプではなかったですが、真面目な普通の子という印象です」と言われるでしょう。

凶悪な事件を起こした、若い容疑者達は年齢的に息子と大差がありません。

マスコミが流す親や周辺のコメントだけを見ると、この2人の容疑者の印象は、私が感じるうちの息子の印象とほとんど同じなのです。

いまうちの息子が犯罪者として捕まったら、私もこの親と同じように仰天し、困惑するでしょう。

きっとこの親も、まさか自分の息子がこんな凶悪な犯罪をおかすとは思っていなかったのではないでしょうか。私と同じように、正解の無い子育ての方法を、一生懸命手探りで探し、頑張って育ててきたのだと思います。

このような若い容疑者が捕まり、親や周囲のコメントを読むたびに「私の見ている息子はほんの一面なのかもしれない」「私の子育ては大丈夫だろうか?」「息子もこの先問題を起こすような事があるかもしれない」と自分の子育てに自信がなくなり、何か漠然とした怖さを感じています。

しつけも、他人様に迷惑を掛けたりしてはいけない、悪いことはダメ、と普通に教えてきたつもりではありますし、その都度息子も理解してくれていると思っています。

でも、本当にそうでしょうか...?

それでも、これからも信じるしかありません。複雑な思いでニュースを眺める日々です。

関連記事:ものの考え方や見方ひとつで、人生は変わるー父から子へのメッセージ/岩野響『15歳のコーヒー屋さん』

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP