業務を放置して温泉旅行!? 引継ぎすらしてくれない52歳の男性社員にイラッ!/ナミコさんの場合

ナミコさん(48)の会社の部署には、決められた仕事をなかなかやってくれない男性社員がいます。今月もその男性は仕事をやらないまま休暇をとってしまいました。ナミコさんは男性に苦情を言いましたが、言い訳ばかり...。ついに彼女の怒りは爆発したのです。

※実際に身の回りで起きた実体験エピソードに基づき構成しています。

15.jpg

私(48)の部署は海外との取引があるため、売上金の一部が海外から銀行振込や小切手で入金されてきます。

私は毎月、その金額を経理部に報告し、売上と照合して消込処理しなければなりません。

その入金の詳細なリストは、海外担当の男性社員(53)が作成することになっています。

しかし、毎月こちらからお願いしないとやってくれません...。

そして作成締切の月末、経理より海外からの入金額の報告があり、私は照合するためにリストを開きました。

「え...」

そこには、なにも記入されていないまっさらなリストが...。

その男性社員は、リストを作ってくれていなかったのです。

至急作ってもらおうと男性を探しましたが、なんといません。

聞くと、今日は私用で休んでいるとのこと。

私は膝から崩れ落ちそうになりました。

休むなら前日までに作っておき、今日入金があった分の記入は他の人に頼むなど、引継ぐ方法はあったはず。

私は、悲しさと怒りが混じった、やりきれない気持ちになりました...。

急遽、男性と同じ課の別の社員が作ってくれることになりましたが、当然ながら不慣れなこともあり、何度も修正してもらってやっと完成させてもらいました...。

その代理でやってくださった方も、月末で忙しい中、わざわざ時間を作ってやってくださっています。

私も月末にしなければならない仕事が山積みで、その上でリスト作りの連絡やサポートもして...と時間に追われ、イライラが収まりません。

翌日、問題の男性社員が出社してきました。

旅行に行ってきたらしく、呑気にお土産を配っています...。

彼は私のところにお土産を持ってきました。

「ちょっと温泉に行ってきまして」と血色のいい笑顔で、温泉まんじゅうを私の机の上に置きました。

そして、そのまま次の人のところに行こうとしました。

「すみません」

私が声をかけると、男性は振り返りました。

「昨日、月末でしたよね? わかってます?」

私はつい大きな声で言ってしまいました。

男性社員は私の声に驚いてポカンと口を開けています。

「入金のリストができていなかったせいで、どれだけの人に迷惑がかかったと思いますか...?」

男性はやっと私の怒りを理解したようでした。

「ついバタバタしてて、後回しになってしまって...やろうと思ってたんだけど」

「思ってるだけじゃ意味がありません...」

私は机をバンと叩き、立ち上がりました。

「みんな本当に大変だったんです...やるべき仕事をきちんとやってから休んでください...お願いします!」

「はい、すみません...」

男性はしゅんとして自席に戻っていきました。

何だか先が思いやられます...。本当に伝わったのでしょうか?

目上の人なので、すごく気を遣って言ったつもりなのですが...。

自分が悪いわけでもないのに、こんな思いをするのはもうごめんです...。

来月以降、早め早めにしっかりチェックして対処していこうと思っています。

関連の体験記:テレワークの敵は80歳の「元気な大声の老人」!? しかしその騒音が消えたある日、おじいさんは...
関連の体験記:「脳幹出血で入院しました」!? 70歳で不自由な生活を送る、かつての恩人からの手紙
関連の体験記:年賀状が来なくなって2年「こちらから連絡しても大丈夫?」と悩む私に、友人からメールが届き...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

著者:ナミコ
40代後半の契約社員。観劇やスポーツ観戦が趣味。日本全国、旅行気分で試合を見に行くのが一番の楽しみ。

コメント一覧

その男性社員が悪いけれど机を叩いて威嚇する必要ありますか?今ならパワハラですね。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP