施設に入居したお嬢様育ちの義母。金遣いの荒さから借金まみれに

19.jpg

ペンネーム:フカユキ
性別:女
年齢:50
プロフィール:紆余曲折を経て施設に移った義母が癌と心臓疾患になりました。唯一の身内の私が支える事になり不安しかありません。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

◇◇◇

義母とは夫の生前から同居し、夫が亡くなって3年弱一緒に暮らしていました。もともとお嬢様育ちの義母と庶民育ちの私では金銭感覚がズレているためなのか、かなり苦労しました。
三つ子の魂百までとは、よく言ったもので、義母はお金の使いっぷりがいいのは勿論のこと、執着っぷりも歳を重ねるごとにひどくなっていったのです。

高級なもの、贅沢なものが一番だというのが根底にあるらしく、食べ物だったら〇〇、着るものだったら☓☓とか、それは日常の衣食住にも及んでいて、国で発表している、夫婦二人の年金生活者がもらえる年金の平均額よりも多い金額をもらっているのに、クレジットローンだけで飽き足らず、銀行から年金を担保にしてお金を借りてくる始末です。とても正気の沙汰ではないと、何度も話したのですが、馬耳東風でした。

そんな生活の中、説得に約一年かけて、施設に移ることを納得してもらいました。施設にかかる費用を義母の年金だけでまかなえるようにと、ケアマネさんや施設の人に協力していただいて、1カ月。まさかの定期健康診断で、義母の癌が発覚しました。

義母の介護費用と医療費と施設にかかるお金と、前に借金しているクレジットやら銀行やらへの返済で、なんとか義母の年金と収支がトントンになる形であったため、不足分は当然のように家族の負担です。

おまけに施設の費用を抑えるため、入った老人ホームは自宅や私の職場から離れた場所。施設と自宅を往復するだけでも、公共の乗り物を乗り継いで行かなければなりません。また、病院への付き添いは原則として家族が行かねばならず、施設にお願いすると病院への付き添いで30分で1000円も費用がかかり、私が仕事でどうしても抜けられない時にお願いしたら、付き添い費用で1万円を超え、体が不自由なため公共の乗り物で移動が無理なので、介護タクシー費用往復7800円もこちらへ請求がきなした。

イレギュラーなことなので、仕方ないとは思います。ただ、義母が口では「ごめんね」と言っていても、病院へ検査や検診に行っているのに、やれ〇〇が食べたい、トイレに行きたい(30分間隔で行かないと漏らしてしまう)、喉が乾いたと引っ切りなしに要求してくるので、正直なところ腹が立つより、疲れてしまいます。

また仕事のシフトを変えてもらっているため、義母の病院に付き添う以外の日は仕事。この3カ月間、まともに休めていません。もともと子宮内膜症を患っている私は、体力の限界を感じています。

かと言って、私がこのまま義母のことを見捨てるわけにもいきません。ギリギリの攻防はまだ続きそうです。

関連記事:大腸がん、肺がん、胃がんの検査。それぞれのメリット、デメリットは?/健康診断

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP