「老けたな」「なんで国産車?」暴言連発の74歳義父。暴言の対象は特に言いやすい「嫁」か?

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ヒミコ
性別:女
年齢:49
プロフィール:49歳パート主婦。同い歳の夫と小学生2人の子どもがいます。

35.jpg

義父の新年のあいさつは「老けたなぁ」でした。

言われたときは目が点になりました。

普段から失言が多い義父ですが、新年の発言は私にとって一番気分の悪いものでした。

昨年夏に白内障の手術をして、遠近両用レンズも入れたおかげで視力がアップした74歳の義父。

そのせいか、以前よりも細かいところまでチェックし、後で文句を言うのです。

「シワもよく見えるようになったから、みんなの老け具合がよくわかるわ」

視力回復の自慢をしたくて冗談で言っているのかもしれませんが、気持ちのよいものではありません。

義父にとっては、今まであまり見えなかったものがよく見えるようになり、驚きの連続なのでしょう。

お正月に集合した私たち家族や親戚の人の顔をマジマジと見て、感想を言っていました。

息子である夫にはそんなことを言いません。

孫にも言いません。

「やっぱり父親に似てきたなー」

「小さいころは丸顔だったのに面長になってきた」

「眉毛が立派やなぁ」

などなど、みんなの顔の特徴をペラペラ話していました。

私には直接、「もっと若いと思ってたけど老けたなぁ」です。

自分で言うのもなんですが、私は年齢の割に若く見られるタイプです。

お世辞かもしれませんが、お褒めの言葉もよくいただきます。

しかし、新年早々に高齢の義父に外見のことを言われてしまい、悔しい思いでいっぱいでした。

義妹は「最近太ったよな」と言われました。

やはり嫁たちが標的になるのでしょうか?

義妹は無言で笑っていましたが、内心腹立たしいはず。

私は本気でムッとしたので笑うこともできませんでしたが、義父は相手の反応なんて見ていません。

義父は本当に元気な人で普段からよくしゃべるのですが、自慢話や失言が多く、自分が一番偉くてすごいと思っています。

ニコニコ顔なので一見とても良い人に見えます。

でも、これまでも人の持ち物や車、家のインテリアにどれだけケチつけられたでしょうか。

いつも軽やかに明るく言うので聞き逃しそうになりますが、しっかり覚えています。

我が家に遊びに来たときも同じです。

「家具や床の色が明るくて落ち着かないわー。やっぱりうちみたいなダークカラーのほうが高級感があるし、落ち着いて過ごせるな」

なんてことを大声で言われました。

「なぜ国産車? うちなら絶対外車だね、そりゃ外車だよー!」

ちなみに義父はずっと外車に乗っています。

とにかく自分の持ち物と比較し、他人を蹴落として自慢したいのでしょう。

夫はいつものことだと気にも留めていませんが、私はモヤモヤしますし、言い返してくれない夫も腹立たしいです。

義父の視力がアップしたせいで、失言までパワーアップしそうで会うのが億劫です。

関連の体験記:《漫画》女性を見下す80歳の義父。町内会の集まりで私の切迫早産を笑い話にした結果
関連の体験記:「前にも言っただろ!」とすごい剣幕の夫。日頃の感謝もなく、小さいことで激高する夫にイライラ
関連の体験記:年を取って丸くなったと思っていたのに...。怒鳴る、キレる、運転中の暴言。50歳を過ぎて豹変した夫

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP