うなぎの如くぬるりと逃げる!猫の爪切りは難易度高し/フニャコ

甘えん坊ぺーやんと、気まぐれスミちゃんの猫2匹多頭飼いのフニャコです。

前回の記事:だら〜んと床に転がる猫たちは、これからの季節の風物詩/フニャコ

猫の爪は1本だけでも先が尖ったものがあると少し触れただけでとても痛いですが、1ミリだけでも切っていると全然違う気がします。

image6.png

尖った爪を見るといかにも痛そうな...。

実際猫の爪でひっかかれた傷はなんとも言えない痛さですね。

爪が伸びていると人間が痛いだけではなくて、爪がカーテンや爪研ぎに引っかかってしまうので、できれば切りたいところです。

image5.png

スミちゃんはいざというときに肝が座るタイプというか、諦めるというか...。

最初は抵抗するのですが、その後は我慢してるのがよくわかります。嫌そうな顔だけどじっとしていてくれます。これは病院でもこんな感じなのでスミちゃんはお世話し易い子ですね。助かります。

それに比べてぺーやんときたら!

いつもの野生感ゼロののんびりした動きが嘘のように、足を脱出させます。まさに掴んだうなぎがするりと逃げるあの感じです。うなぎの化身ペロ。もしくはタコの化身。

image4.png

さらに実家のクロちゃんの場合、若いころはすれ違う家族みんなが血祭りにあげられていたワイルド猫なので爪を切ることは不可能だったのですが、年老いて性格が丸くなったので、「台の上に登って外を見ている時」に限り、タイミングを見計らって1、2本なら切ることができるようになったそうです。難易度高し。

image2.png

「猫の爪の抜け殻」とでもネーミングがつけられそうな、剥がれ落ちた猫の爪。

家のあちらこちらで落ちていますが、発見すると、これが剥がれ落ちたことによってきっと今どちらかの猫に鋭い爪がある...!と、気になります。

image3.png

逃げてしまうぺーやんは、いろいろな切り方を試してみましたが、今の所寝ている時にこっそりと切るのが一番成功率が高いです。

いっぺんに全部の爪を切ることができないので、できる時にちょっとずつですが、調子よくたくさん切れたときは清々しい気分になりますね!

まだまだ爪切り、修行中です(笑)

関連記事:「脱走名人」~ねことじいちゃん ほっこり癒される猫との暮らし(41)

フニャコ

娘が小学生に上がる頃に猫2匹を迎え、絵日記ブログにて猫と家族との日常を更新中

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

フニャコさんのブログ:おそらくその平凡こそ幸せ 

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP