「お金の管理は娘に任せてます!」認知症の母が毅然とした態度で、お金を狙う父に応戦/ワフウフ

みなさんこんにちは!ワフウフです。

アルツハイマー型認知症になった実母・あーちゃんの介護を姉・なーにゃんと2人でしています。

【前回】お金を奪おうと認知症の母を巧みに誘導して操るなんて...! 狡猾な父の罠/ワフウフ

【最初から読む】貸し金庫の現金が消えた!? 毒親だった母の認知症疑い/ワフウフ

認知症になり預金の管理ができなくなった母の通帳やカード、印鑑等は娘達で管理していましたが、母のお金を使いたい父・たんたんはあの手この手でそれらを取り戻そうとしていました。

そして、父はついに母本人に「自分のお金は自分で持ちたい」と言わせることに成功してしまいした。

娘達が母に返却した通帳とカードを父が取り上げて自分のものにしようという魂胆です。

しかし、その時言い争いをしていたのは病院の待合室です。

騒ぎを聞きつけた病院の方から「他の皆様のご迷惑になるので騒ぎが大きくなると困ります。良かったらこちらのお部屋をお使いください」と声をかけられて、別の場所に移動することになりました。

Image.jpeg

自分の思い通りにことが進みそうな流れに気を良くした父は「行こう!」と先頭に立って歩きます。

その後ろから歩きながら

Image (1).jpeg

と、姉が母にこっそり耳打ちをすると、母はハッとした様子を見せました。

姉が言ったことを母がどこまで理解し、記憶していられるかが不安だったのですが、別の場所で話し合いを再開した時に父が意気揚々と

Image (2).jpeg

と母に言うと、母はキッパリと

Image (3).jpeg

と答えてくれました。

ついさっきまで母は父が教え込んだ通りに「自分のお金は自分で持ちたい」と言っていたのに、急に違うことを言い出した母に父は目を剥きます。

Image (4).jpeg

父が執拗に畳み掛けても母は揺らぎません。

父が顔をこわばらせ微妙な空気が流れたところで、母の診察の順番が回って来ました。

Image (5).jpeg

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

ワフウフ

アラフィフの主婦。昭和を引きずる夫、大学生の長男、高校生の長女の四人家族。実母のアルツハイマー型認知症発覚をきっかけに忘備録としてAmebaでブログを始める。電車で1時間半強かかる場所に住む実母の生活のフォローに姉とふたりで四苦八苦する毎日を、イラストと笑いと毒をほんのり混ぜながらブログに綴る。

ワフウフさんのブログ:「アルツフルデイズ」

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP