超能力なの!?散らかりすぎた家で特殊能力が発達した母/中島めめ

毎日16仕上げ---.jpg

こんにちは。中島めめです。

今回は「実家の片付け問題」についてのお話です。

前回のエピソード:母のスマホに起きる怪奇現象!?LINEのアイコンが増え続ける謎

私の実家はかなり散らかっています。まず母が片付けが苦手な人で、出したものを出しっぱなしにしたり、ゴミをその辺に放ったりする癖があります。

そしてもう一つ、父が散歩中にいろんなガラクタを(本人は何かに使うつもりらしいですが)拾ってきてしまうのです。それに、壊れてしまった家電などを自分で直すと言って直さないまましまいこんでいたり...実家はモノが増える一方です。

私がまだ実家に住んでいた頃、たまに思い切って家中の不要なものを捨てまくって一週間がかりでスッキリさせたりしていたのですが、一年もするとなぜか元通りになってしまうのでした。

そんな雑然とした家なのでいろんなものがごっちゃになっていて、探し物の下手な私はいつもハサミやヘアブラシなど、どこにあるかわからなくなって探し回らないといけません。

一人でいる時はなかなか見つからないのですが、そこに母がいると、探しているものをすぐに見つけてくれるのでした。パッと見て見えないところのものでも「その座布団の下の新聞の間に挟まってるはず」とか、透視能力でもあるかのようにズバッと言い当てるのです。

「散らかっているように見えるけど、私はこの家の中のどこに何があるか全て把握してる。」と母はいつも自慢げに言うのでした。

いや散らかってるのは事実だろ...とツッコみたくなるのですが、探し物のときはつい母を頼ってしまうのでした。

なにしろ、私が心の中で(爪が伸びてきたから切りたいな、爪切りどこだっけ)と思って部屋を見渡した瞬間「爪切りはカーテンの裏」と後ろから言ってきたりするのです。

(何も言ってないのになぜ!?)と驚くのですが、私と違って母はものすごく察しがいいので、人の仕草などを見て何をしようとしているのか見当がつくのかもしれません。

最近、いくら不便を感じていなくても実家の状態をこのままにしておくのはよくないな、と母や妹とも話すようになりました。

そういう話になると母は「一回でっかい鉄球でボーンとやっちゃってからみんなゴミに出すか!ハハハ!」などとヤケクソなことを言い出すので、それを妹とともに押しとどめ、今後は母に物は誰でもわかる場所に置いてもらうようにしたり、父にいろんなものを拾って来るのをやめるように釘をさしたりしています。

また、大きいものなど両親の手に負えない部分は私たち姉妹3人でたまに帰って協力して片付けて行きたいね、と話し合っているのです。

次の記事はこちら:これ出すの恥ずかしくない?父がボロボロの財布を使い続ける理由

50life_cover-obi.jpg

『たくあんムスメたち。 天然長女とおっさん系次女の泣き笑いコミックエッセイ』(KADOKAWA)

平凡な毎日。なのに愛しくって、ときどき泣けてくる。
突然すっとんきょうな発言をする天然長女と、おっさん系おもしろキャラの次女。姉にツッコミを入れ、妹の行動にふきだし、わが家は毎日にぎやかです。大人気姉妹マンガブログ、未公開エピソードも多数収録して初書籍化!!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP