私が義母の家事の機会を奪っていた?少し後悔しているあの頃のこと/山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

『13番さんのあな―介護家庭の日常―』というブログで義両親の介護の様子を嫁の目線で綴り始めて10年が経ちました。

前回の記事:頑なにデイサービス利用を拒む義父。義母の通所にまで口を出し.../山田あしゅら

義父の横やりを受けながらも義母はデイサービスライフを楽しく過ごしておりました。

お蔭でそれまで悪化するばかりだった認知症の進行も少し落ち着いていたように思います。

今回は、義母に関する私の後悔についてのエピソードです。

 

義母は元々家事が苦手で、私が嫁いで来るやいなやほとんどの家事をしなくなってしまいました。

1.jpg

看護師として働いていた頃はそれでも良かったのですが、(私が嫁いで10年ほど、70歳までパート看護師を続けていました)辞めた後は、家の中での役割はありません。

まるで定年退職後のお父さんのようなものです。

在職中から続けていた絵画教室も、リタイア後しばらくは熱心に通っていましたが、認知症の症状が進むにつれそれも難しくなっていきます。

3.jpg

趣味は生活に潤いを与えてくれるものですが、持続させるのは自身の都合や気持ち次第な一面もあります。

仕事や家事が『やらないと困る』ことであるのに対し、趣味は休めば『滞り』辞めてしまえば『それでおしまい』に出来るということなのです。

家事、特に料理などは結構頭を使います。

冷蔵庫の在庫を見据えて買い物をし、下ごしらえ、コンロの口数に合わせて加熱の順番を考え調理。盛り付けて家族の食事時間に合わせて温かいものを提供する...。

4.jpg

慣れてしまえば自然に手順が浮かび手際よく出来ることも案外頭の体操になっているんではないでしょうか?

後になって考えてみると認知症の症状が顕著になるまで、それらの機会を嫁である私が,

ことごとく退職後暇を持て余した義母から奪ってきたようにも思うのです。

5.jpg

認知症であることが分かってからは、少しずつ義母にやってもらうことを増やしていこうとしましたが...

6.jpg

7.jpg

8.jpg

長い間やって来なかったことをいきなりやらされても、上手くいくはずもありません。

作業中は逐一そばについていなければならなかったり、後でやりなおさなくてはならなかったりで、かえって手間がかかってしまい、お互いなんとなくやらなくなってしまいました。

 

義母がまだ元気でしっかりしていた当時は、嫁姑の確執もあり、若かった私は自分の居場所を固持するのに必死でした。

認知症は家事にいそしむ主婦もかかる病気ですので一概には言えないかも知れませんが、「元気なうちにもっと家事分担をお願いしていればよかったのではないか」「当時の関わり方が、少なからず義母の病気の進行を早めてしまう原因だったのではないか」そんな後悔もちょっぴりあるのです。

次の記事はこちら:いるはずのない赤ちゃんが見える。認知症の現れ方、義母の場合

関連記事:一切料理をしなかったお義母さんが...!ある日起きた突然の変化/バニラファッジ

山田あしゅら

指定難病及びうつ病の義父(太郎)と認知症の義母(はな子)の介護の日常を アメーバブログ「13番さんのあな―介護家庭の日常」にて綴り始めて10年近く。 山田家介護のキーパーソンでもある50代主婦。

2017年現在、現在義父は88歳・要介護3。入院をきっかけに2017年7月、老健へ入所。 義母は92歳・要介護4。週5日のデイサービスなどでしのぎながら在宅にて介護をしている。 同居家族は夫(としお・60代・会社員)長男(一郎・30代・会社員)。 このほか結婚して独立した次男(二郎・20代・鍼灸接骨院経営)とそのお嫁さん(さくら・看護師)孫(きんとき・2歳)一人暮らしの三男(三郎・20代・会社員)と結構賑やか。 これらの日常をもとに著書『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を2017年7月に出版した。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

山田あしゅらさんのブログ:「13番さんのあな―介護家庭の日常」

PAGE TOP