今思えば認知症の始まりだった?大根をひたすら茹で続ける義母/バニラファッジ

こんにちは。認知症で要介護4のお義母さん(姑)と リウマチと骨粗鬆症で要介護5のおばさん(姑の妹)の在宅介護を経験した嫁のバニラファッジです。

今回のお話は、前回の「一切料理をしなかったお義母さんが...!ある日起きた突然の変化」の続きです。

 

この年は家庭菜園の大根がどれもりっぱに育っていました。 お義母さんは料理を褒めらたあの日以来、大根を畑から抜いきては黙々と洗い続け...


10-1.jpg
10-2.jpg


黙々と新しく茹でた大根を鍋に継ぎ足し継ぎ足ししながら、何週間も大根料理が続きました。

この頃は2世帯住宅に改築し、姑2人は息子家族とは別々に食事をしていました。

ダンナも子どもたちも、煮た大根よりサラダやおろしの方が好きだったので、お義母さんからの差し入れは丁寧に私が断っていました。

10-3.jpg

 

時々、作ったお惣菜を差し入れに運びましたが...


10-4.jpg
10-5.jpg


おばさんに言わて鍋をのぞいてみたら、そこには大根のほかに 唐揚げや煮魚、わかめやキャベツなど いろんな食材が、クタクタになって泳いでいました。

そしてその横の鍋では、また大量の大根がグラグラと茹でられ、お義母さんは流し台で次の大根をゴシゴシと洗っていました。

見かねたおばさんが時々捨てていたそうですが、お義母さんの大根洗う→大根茹でる→大根煮つける、は続きました。

 

もうこの行動は延々に続くのではないかと暗澹たる気持ちになりましたが、ある時お義母さんが鍋を焦がして、あっけなく幕引きとなりました。

きれい好きのお義母さんは、焦がした鍋を何日もかけてピカピカにしていました。


10-6.jpg


10-7.jpg


そしてもう2度とお義母さんがキッチンに立つことはなくなりましたが、その後、自室にこもってボンヤリする日が続きました。

こうして、少しずつお義母さんの認知症は進んでいったように感じます。

この記事もおすすめ:「認知症かも...」と思ったときにまず家族がするべきこと

バニラファッジ

ブログ「7人家族の真ん中で。」管理人。夫と3人の子ども、姑と姑の妹(おばさん)の7人家族でしたが、一昨年、昨年と続けておばさん(88歳)と姑(94歳)が他界。頭はしっかりしているけど、リウマチと骨粗鬆症で車椅子生活の叔母さんと身体は丈夫だけれど認知症の姑を在宅介護した日々をあれこれ思い出しながら描いていきます。著書に『スーパー嫁の汗と笑いの在宅介護: お義母さん!トイレはこっちです』『7人家族の真ん中で。』『91歳毒舌系女子、喧嘩を売って生きてます』などがある。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

※ 健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。

※ 記事に使用している画像はイメージです。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
友だちに教える
この記事が気に入ったらいいね!しよう
毎日が発見の最新記事をお届けします。
PAGE TOP