45万円の着払いでひと騒動!理屈が全く通らず大荒れの義父に唖然.../山田あしゅら

こんにちは。山田あしゅらです。

『13番さんのあな―介護家庭の日常―』というブログで義両親の介護の様子を、嫁の目線で綴り始めてもうすぐ10年になろうとしています。

ある日、宅配で着払い45万の荷物が届くと連絡が。

前回の記事:老後のために貯めたお金が飛んでいく。自制がきかない義父の止まらぬ浪費/山田あしゅら

1.jpg

しばらくすると義父たちが2階から下りてきました。

2.jpg

おそるおそる、着払いの荷物が届く事、配達を午後にしてもらったことを伝えると、義父がブツブツ言い始めました。

「午前に届けろと言っておいたのに何で午後にしたんだ」と言うのです。

だって45万円ものお金。

義父がちゃんと用意してあるかどうかも分かりません。

すると思った通り。

朝ごはんを食べ終わったあと、義父はゆるゆると金融機関へお金をおろしに出かけたのです。

3.jpg

帰って来てからも、ブツブツ不機嫌そうな義父。

顔を見ると、既に目つきが変わり鬱々とした表情に。こうなると近寄ることは出来ません。

そこで少し遠巻きにしながら様子をうかがっておりました。

 

昼もすぎ、だいたい時間通り、2時過ぎにチャイムが鳴りました。

4.jpg

宅配の配達員さんが玄関へ運び込んだのは

高さ1メートルほどの長い箱とそれより一回り大きな箱でした。

5.jpg

するといきなり義父が

「検めさせてもらう!」と言うや

バリバリと外の梱包を破り始めるではありませんか。

6.jpg

中から出て来たのは体長50センチほどもある『かんのんさま』とそれを飾るガラスケースでした。

「ちゃ...着払いで45万円になりますっ!!」泣きそうな顔で言う配達員さんに「待っておれ」と言いながら義父は立ち去って行きました。

どうやら金融機関でおろしたお金を2階に取りに行ったらしいのです。

7.jpg

ところがしばらく待っても義父が下りて来ません。

仕方なく様子を見に2階へ行くと義父は何やら部屋中をドタンバタンと家探し中。

おろしてきたお金をどこかに仕舞い込んでしまった様子です。

やっとのことでお金を見つけた義父。

時は12月。

おそらく宅配業者は猫の手も借りたい時期のはずです。

もう既に30分近く待たされている配達員のお兄さんのことを思うといたたまれなくなって

8.jpg

と、つい催促する言葉も出てしまいます。

足の悪い義父。階段は下りの方が危ないので、つい、「お金私が持って行こうか?」と言ってしまったものだから、さあ大変。

「何を言うか!あいつらは仕事だっ!待たせて何が悪いっ!」

と、瞬間湯沸かし器に火をつけることに...。

 

それでも何とか玄関までたどりつき配達員さんにお金を渡すと

9.jpg

 

義父の尋常ではない表情を見て不安を感じたのでしょう。

配達員さんはすがるように私に助けを求めて来ました。

すると、とうとう義父が一気に爆発。

10.jpg

「何で金を払うと言うのにヨメを呼ぶ!」

「午前に来いと言ったのに何で午後に持って来た!」

「だから○○(業者名)はキライなんだ!」

と100%言いがかりの上、大荒れしはじめたのです。

しまいには何を言っているのか分からないことを叫びながら再び2階へお金を取りに行くのでした。

結局、1時間近く足止めをくってしまった配達員のお兄さん。

残りのお金を受け取るとほうほうの体で帰って行ったのでありました。。

11.jpg

...申し訳なし。

後に残されたのはまだ頭から湯気の出ている義父と私。

怒り狂っている最中は何を言っても届かないのです。

こういう場合はまず視界から姿を消すしかありません。

怒りをぶつける標的がいなくなれば次第にクールダウンしていきます。

さすがに義父も高齢者。怒りは結構体力を使いますからそう長くは続かないのです。

ケガをされると厄介なので、冷めたころを見計らってかんのんさまとガラスケースは2階へ上げておきましたけどね。

理屈は全く通らない。

そんな期間はその後もほぼ半年ほど続いたのでありました。

関連記事:性格が変わり、急逝した父。介護していた私の後悔

山田あしゅら

指定難病及びうつ病の義父(太郎)と認知症の義母(はな子)の介護の日常を アメーバブログ「13番さんのあな―介護家庭の日常」にて綴り始めて10年近く。 山田家介護のキーパーソンでもある50代主婦。

2017年現在、現在義父は88歳・要介護3。入院をきっかけに2017年7月、老健へ入所。 義母は92歳・要介護4。週5日のデイサービスなどでしのぎながら在宅にて介護をしている。 同居家族は夫(としお・60代・会社員)長男(一郎・30代・会社員)。 このほか結婚して独立した次男(二郎・20代・鍼灸接骨院経営)とそのお嫁さん(さくら・看護師)孫(きんとき・2歳)一人暮らしの三男(三郎・20代・会社員)と結構賑やか。 これらの日常をもとに著書『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を2017年7月に出版した。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
友だちに教える
この記事が気に入ったらいいね!しよう
毎日が発見の最新記事をお届けします。
PAGE TOP
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット