離婚は「夫からの卒業」! 38歳で結婚に見切りをつけた私が62歳になった今思うこと

今や夫婦の3組に1組が離婚するとまで言われる時代。原因はさまざまでも、離婚には相当なエネルギーがいることだけは確か。それでも離婚する夫婦が多いのは、やはりそれなりの理由があるからでしょう。マロニエさん(62歳)にとってもそれは同じでした。
※実際に身の回りで起きた実体験エピソードに基づき構成しています。

pixta_78094783_S.jpg

「なんで離婚したんですか?」

仕事がらみで知り合った60代のその男性は、私(62歳)に聞きました。

彼は子どもが独立してから奥様と別居しているそうで、「そろそろ離婚届を出してすっきりしたいけど、相手がなかなか承知してくれなくて...」とのこと。

私が離婚経験者だと知って、離婚についての女性の考えを聞いてみたかったようです。

もっとも私の離婚はもうずいぶん前の話で、1990年代の終わり、38歳の時のこと。

私は22歳の時、9歳年上の男性と結婚しました。

夫は「オレについてこい」という「昭和の男」で、今まで出会ったことのないタイプ。

自分よりずっと大人で自信たっぷりの夫が頼もしく、私は何をするにも夫を優先し、結婚生活を続ける上での面倒事はすべて引き受け、それに疑問を抱くこともありませんでした。

夫の目には、そんな私がさぞかわいい妻に見えたことでしょう。

でも、私はだんだん、夫との関係に不満を持つようになりました。

多分、結婚した時に未熟だった分、結婚後の精神的成長が大きかったのだと思います。

夫の言うことにいちいち反発を感じ、「それ違うんじゃない?」と口に出すようになり、素直で従順なだけの妻ではなくなっていきました。

社会に出て働くうちに、フリーランスの夫より私の方が収入が多くなることもありましたが、そんなとき夫は、私の収入をあてにしながらも不機嫌になりました。

何につけ妻が自分より上になるのが「男の沽券にかかわる」と思っていたようです。

かつて自信家で大人に見えた夫は、いつの間にか私にとって、ただのわがままで自分勝手な男になっていきました。

私は夫のせいで自分の人生を犠牲にしていると思うようになり、夫のために何かすることに喜びを見出せなくなったのです。

夫が望まなかったので私たちに子どもはなく、夫婦の溝を埋める存在も、無理に結婚生活を続ける理由もありませんでした。

やがて、数年の別居生活を経たのち、私は夫と離婚したのでした。

それから24年たった今、同年代で離婚を希望している男性に「なんで離婚したんですか?」と聞かれ、しばらく考えてから、私はこう答えました。

「夫から卒業したかったんだと思います。いうならば『卒婚』というやつですね」

「はあ...」と、男性は言いましたが、その顔は、「やっぱり女性の考えることはよくわからないな」と言いたげに見えました。

現在62歳、卒婚後は「おひとりさま」で幸せな人生を歩んでいます。

関連の体験記:「男遊びが過ぎる」とアラサー娘を心配する友人にひと言! 自分の若い頃を思い出して
関連の体験記:断捨離してたら「遺産」を発見!? 30年以上前の「古いお札」を業者が鑑定してみた!
関連の体験記:53歳の私にまさかの「シニアですか?」って...20歳女子のひと言がショック過ぎて映画の内容も上の空

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

著者:マロニエ
アラ還シングル。いろいろあって今ひとり。100年長生き時代、人生は60からが面白い!

コメント一覧

女性の考えはなんて一括にされても迷惑。その方は投稿者さんのお話は何の参考にもならなかったなと呆れていただけでは?理由も環境もそれぞれですから参考にするのは難しいでしょう。

コメントする

いつも毎日が発見ネットをご利用いただきありがとうございます。
この度、コメント機能の提供ですが、2022年7月6日をもちまして終了することとなりました。なお、過去に投稿していただいたコメントも見られない状態になります。
ご利用の読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。長らくのご利用ありがとうございました。
引き続き毎日が発見ネットをどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP