53歳の私にまさかの「シニアですか?」って...20歳女子のひと言がショック過ぎて映画の内容も上の空

映画館は一般的に60歳以上がシニア料金。還暦を過ぎるとぐっとお得に映画を楽しめるようになります。映画好きにとってはとてもうれしいことですが、60歳になる「だいぶ前」にシニアと間違えられたとしたら...それ、全然うれしくありませんよね。
※実際に身の回りで起きた実体験エピソードに基づき構成しています。

3.jpg

女性はいくつになっても若く見られたいもの。

アラ還の私(62歳)とてそれは同じです。

数年前、60歳までまだだいぶ間がある53歳+数カ月というある日、とあるミニシアターでの出来事です。

そのミニシアターには自動券売機がなく、スタッフから直接チケットを購入するシステムでした。

私は、受付の若い女性スタッフ(たぶん20歳くらい)から当日券を買おうとして、「大人1枚お願いします」と伝えました。

すると「一般ですか? シニアですか?」と返されてしまったのです。

一瞬、何を言われたのかよくわからずに、「え?」と聞き返すと、彼女はもう一度「一般ですか? シニアですか?」とくり返すのでした。

ショックでした...、そんなことを言われたのは初めてだったので。

いつも「10歳は若く見える」と言われて、まぁそれはお世辞半分にしても、太ってもいないし白髪もないし、シミもシワもそれほど多くもなく、少なくとも4、5歳は若く見えるんじゃないかな~と思っていたのに...。

まさかいきなり「シニアですか?」なんて聞かれるとは思わず、「一般です!」とはっきり答えた私。

通常料金を払って映画を鑑賞したのですが、さっきのあの「シニアですか?」の声が尾を引いてしまって、なんだか集中できなかったのでした。

後日、冗談めかして年上の友人(65歳)にその話をすると、彼女は言いました。

「そりゃ失礼だわ。シニアっていうのは、普通、安くしてもらうために自分から申告するものでしょ。シニアですかって聞くなんて、ゼーッタイ失礼よ」

「ですよね~」とうなずきつつも、私の心の中にはさまざまな思いが浮かんできました。

きっと若い人たちの目には、50代も60代も同じに見えるんだろうなあ。

あの受付の若いコ、むしろ親切心で確認しようとしてくれたのかもしれないなあ。

私が「え?」と聞き返した時、耳が遠いのかと思ってくり返したのかも。

あ~、やだなあ...などと、あれこれ思いを巡らしながら、ついにはもしあの時に「シニアです」って言っていれば安くチケット買えたのにと気付き、遅まきながらも後悔したのでした。

それから数年後、正真正銘の60歳・シニアになった私。

映画館でチケットを購入する際はいつも、相手に確認される前に「シニアです!」と言って、必要があればにっこり微笑みながら身分証を提示して、堂々とお得に映画を鑑賞するようになりました。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

著者:マロニエ
アラ還シングル。いろいろあって今ひとり。100年長生き時代、人生は60からが面白い!

コメント一覧

これは映画館のスタッフが失礼すぎる。接客のマナーに反してます。 ただなんでその話を年上の友人にしたのかが謎。 女性にとって年齢の話はデリケートなものとご自身でわかっていながら、あえて年上の友人にその話をする...まるで私は若いのよとマウントを取ってるみたい。 同年代の友人なら冗談めかして、が通じるでしょうけど。 と、まぁ30代後半の私が感じたことを書き連ねましたが(ほら、嫌な感じでしょう?)年相応の振る舞いと身なりに心がけて年を経ていきたいですね。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP