転職しただけなのに!これといったダイエットもせずに体重が21kg落ちた理由

16.jpg

ペンネーム:75kg
性別:女
年齢:54
プロフィール:短期間で増えた20kgの体重を、週2日の副業で21kg減に。50歳を過ぎても体重を減らせるのだと知りました。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

◇◇◇

私の前職はホームヘルパーでした。転職した理由は自転車での移動が大変だったことと、何よりも介護保険法の改正で仕事が激減し、生活が出来なくなったからでした。

自転車の移動も季節や天候によっては過酷なもので、夏の炎天下や台風の時でも休むことはできません。でも誰かがその仕事をしなければ、ご利用者であるお年寄りの命に関わってしまいます。その一心で自転車を漕いでいました。 真夏や台風の日などは、最後の仕事を終えて家に着くと、「今日も生きて帰って来れた」と思ったものです。

しかも、ただでさえ15万円程度だった月収が、法改正によって仕事を減らされ、5分の1の3万円になってしまったのです。これらのことから、私は身体的に楽なデスクワークに転職しました。

転職したばかりのころは、あまりに身体が楽で、心から幸せを感じていました。毎日出勤すると、目の前に仕事が用意されていて、その仕事を言われるがままに終わらせればいいのですから、何も考える必要はありません。

書類をパンフレットに挟んでいったり、書類の封入作業など、すべて座ってできる仕事でした。夏はクーラーの効いた室内、台風に悩むこともありません。休憩時間は昼食時間の他に、午前と午後に15分ずつありました。そんな休憩時間を、私は常にお菓子を用意して楽しみにしていました。

休憩時間にお菓子を食べるのは、ホームヘルパーをやっていた頃から続けている習慣でした。過酷な自転車移動のために、バテることがないようにとお菓子を食べていたのです。

ですが、それをほとんど動くことがないデスクワークでも続けてしまったので、短期間で体重が急激に増えていきました。

それまで55kgだった体重は1カ月で60kgに、半年で75kgにまで増えてしまいました。途中で何とかしようとおやつを控えてみたり、ダイエットをはじめてみましたが、全く効果がありません。

スポーツクラブにも通い、インストラクターにもついてもらいましたが、体重がそれ以上増えないというだけで痩せることはなかったのです。痩せないのは年齢的なものなのかと思いながらも、少しでも効果があればと毎朝近所のグラウンドを散歩し続けました。

 

ですが、スポーツクラブもただではないので、だんだん出費がかさみ、私はデスクワーク以外に巨大ホームセンターで仕事をすることにしました。ホームセンターの仕事は土日のみ。週2日なら頑張れると思ったのです。

時間は11時から20時で1時間の休憩。その間ずっと歩いていたり、品出しのために重たい段ボールを運んでいたり、その運動量はスポーツクラブとは比較になりませんでした。室内での仕事とは言っても、歩く距離はお散歩コースのグラウンドどころではないのです。

そもそも、この巨大ホームセンターの面積が、グラウンドの面積をはるかに超えているのですから、お客様に品物の場所を案内するだけでも大変なお仕事なのです。私はこのお仕事を始めてから、たったの1カ月でなんと10kgも痩せました。

スポーツクラブで頑張っていたのは一体何だったのだろうと思うほどです。その後もすごい勢いで体重が減っていき、3カ月後には18kgも落ちました。皮肉なもので、ダイエットのために通っていたスポーツクラブの費用を稼ごうと始めた副業がハードで、実際に痩せたのはスポーツクラブではなく、この副業のおかげだったということになります。

私はスポーツクラブをやめ、今は運動不足解消のために、週末は巨大ホームセンターで働いています。ちなみに、20kg増えた体重はその後21kg落とす事となり、以前の体重よりも減りました。

お金も稼げて痩せることができるなんて、ありがたいことです。体力が続く限り、これからも続けていこうと思います。

<p>関連記事:特別な運動なしで痩せる!?スポーツより効く日常生活の動きとは

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP