食後に「正しく」ごろ寝するだけで痩せるって本当?

180511_neru_1.jpg

ダイエットは女性の永遠のテーマ。食事制限やハードな運動など辛いダイエットを続けていると、「もっとラクな方法で痩せたい!」と本音を漏らしたくなりますよね。そこで今回は、食後にごろ寝するだけで痩せる夢のようなダイエット方法をご紹介します。


本当に寝るだけで痩せるの!?

以前放送された「林先生が驚く初耳学」(TBS)では、"ごろ寝ダイエット"について特集。番組には野村消化器内科院長・野村喜重郎先生が登場し、食べた後にすぐ寝るだけで痩せる究極のズボラダイエットを教えてくれました。

野村先生によると、ごろ寝ダイエットに大きく関わるのが"肝臓"。人体の中で使われる基礎代謝が最も多く、肝臓の血液の流れがよくなると体の基礎代謝がぐんと上がるのだそうです。そして、その肝臓の働きを活性化させるのに効果的なのが"食後のごろ寝"。その驚きのメカニズムについても、番組内で詳しく説明していました。

食後は胃や腸から肝臓へ流れる血液量が増え、エネルギーが蓄積された状態になります。そこでごろ寝をして肝臓を活性化させれば、エネルギーを効率よく消費することが可能なのだそうです。寝ているだけで痩せやすい体が手に入るなんて、うれしいですね!

SNSなどでは「こんな夢のようなダイエットがあったの!?」「痩せるためにはとにかく動かないといけないと思ってたから衝撃...」など驚きの声が続出。「これならズボラな私でもできそうだから今すぐ挑戦する」といった意欲的な声も見られました。


正しいごろ寝の仕方は!?

ごろ寝と一言で言っても、ただごろ寝するだけではなく正しいごろ寝をマスターすることがマストだといいます。さっそく、ダイエットに効果的なごろ寝の仕方を見ていきましょう。番組によると、寝るときは肝臓が下になるように、体の右側を下にするのがポイント。さらに、頭と足を30cm程度上げた状態にすると効果がアップ。重力によって血液の流れが肝臓に集中するので、ひじ枕をしたりクッションの上に足を置くなどの工夫をするといいそうですよ!

ただし、長時間寝てしまうのは逆効果とのことなので、注意が必要です。肝臓が休息状態に入り、エネルギーは消化されず脂肪として蓄積されてしまうそうです。ベストなごろ寝時間は15~30分程度。「気持ちよくてついぐっすり眠ってしまった...」といった事態が起こらないよう、じゅうぶんに注意したいですね。

簡単すぎてまさに夢のようなごろ寝ダイエット。運動が苦手な人や今まで三日坊主で終わっていた人でも続けられるので、ぜひチャレンジしてみては?

文/藤江由美

関連記事:「実践! 血液の流れを改善する「寝たまま呼吸」/背伸びダイエット(5)」

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP