【嫁ぎ先の習慣】「おもてなしは本家の妻の仕事」嫁いで30年たっても、馴染めない習慣

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:みょうえ
性別:女性
年齢:52
プロフィール:パートで月曜日から金曜日まで働いています。

92.jpg

50代の主婦です。

私が嫁いだのは、いわゆる本家です。

そこでは、お正月や法事の集まりごとに夫の姉や従兄弟、親戚が集まります。

月日がたつにつれ、だんだんと兄弟、従兄弟たちにも子どもが生まれ、集まる人数も増えていきます。

日帰りならまだしも、兄弟の子どもの孫まで家に泊まることもあります。

賑やかなのは良いことだと思いますが、問題はその準備を私一人がしないといけないということです。

先日も義父の法事があり、遠方からくる義兄夫婦(50代後半)と、義兄の息子夫婦(20代後半)とその子どもたち(1歳と3歳)など総勢6人が泊まることになりました。

しかし、本家で宿泊の準備をするのは私だけ。

義母がいた頃は、義母が準備していたので、私が手伝いをしていました。

ただ義母はもう亡くなっているため、今は私一人で準備をします。

泊まるとなれば部屋の掃除、全部の布団を干して布団の準備、朝昼夜と何を出したらいいのかと考えながらの食事準備と、やることはたくさんあります。

食事が終わっても義姉(義兄の奥さん)や子どものお嫁さんは居間でワイワイ話してばかりで、私一人でバタバタと片付けをします。

食事の後の食器の量だけでもけっこうな数があるのに、です。

私も「手伝って」と言えばいいのですが、気を使ってなかなか言えずにいます。

法事が終わってみんなが帰った翌日は、疲れ果てて寝込んでしまいました。

昔はもてなす側が全部をやるのが当たり前だったかもしれませんが、だんだんと時代も変わっているので、少しでも手伝ってくれるとありがたいのですが...私のわがままでしょうか?

義母がいた頃は食事もお客様用の食事を作ってもてなしていたので、代が変わってもそこは変わらずです。

「美味しい」と食べてくれますが、後片付けも義兄夫婦、その子ども夫婦は何もしません。

私の子どもも遠くにいるためになかなか会えないのですが、「お母さん大変ね」と数年前までは手伝ってくれていました。

夫(50代)にも愚痴は言いますが、自分も一緒に食べているだけなので、私の苦労を全く分かってくれていません。

その点もモヤモヤするのです。

これからも法事や親戚の集まりがあるのですが、ずっと続くと思うと苦痛です。

友人や職場の人の話を聞いても、核家族や親戚が遠くにいる人が多く、なかなか大変な状況を分かってくれません。

来てくれるのはうれしいのですが、その準備が大変なことを分かってほしいのです。

私の実家でもそういう親戚の集まりがなかったので、嫁いで30数年、いまだに馴染めない習慣です。

人気記事:《漫画》同居して36年...100歳で亡くなった義母が言いふらし続けた嘘ばかりの「悪口」<前編>
人気記事:《漫画》名家に嫁ぎ「どこの出身か存じませんが」と言われ...劣等感まみれの私が妊娠したら...<前編>
人気記事:楽しかった父の誕生会。でも裏口で「母が隠していたゴミの山」を見つけてしまい...《カータン》

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

いや、言わないと!大変そうだけどニコニコしてるから、おもてなしが好きなんだろうなと、思われているのでは?愚痴ったところで、言えば気が済んでまたやるんだろ?としか思ってもらえませんよ。いやなら変える勇気を持ったほうがいいです。無理ならそのまま我慢しかないです。
嫌なら言う、言わないなら黙ってやる。まで乱暴なことは言わないけど手伝って欲しい旨は伝えていいと思います。それを断ってくるなら外注にするから負担をよろしくと集金する。 代替わりしたなら変えていいと思います時代も違うし。投稿者さんが、我慢し続けたら次世代は誰が苦労するの?

コメントする

いつも毎日が発見ネットをご利用いただきありがとうございます。
この度、コメント機能の提供ですが、2022年7月6日をもちまして終了することとなりました。なお、過去に投稿していただいたコメントも見られない状態になります。
ご利用の読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。長らくのご利用ありがとうございました。
引き続き毎日が発見ネットをどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP