「人生なんもいい事なかった」とケアハウス入居中の母...何とか聞き出した昔話に思わず涙/なとみみわ

人気ブロガーのなとみみわさんが、義母の「ばあさん」(2018年、88歳で他界)の介護エピソードを中心に、家族のことや近況などをご紹介します。

【前回】夜中3時に高齢の義母が「もう一回探してみるね」。私が早く伝えるべきだったことは?/なとみみわ

【最初から読む】義母に「せん妄」の症状が...!介護と同居は、ある日突然やってきた/なとみみわ

先日、実母と電話をしていたときのお話です。

母の日1.jpg母の日2.jpg母の日3.jpg母の日4.jpg母の日5.jpg母の日 6.jpg母の日7.jpg母の日 8.jpg母の日9.jpg母の日10.jpg母の日11.jpg母の日12.jpg

まさか母からこんな話が聞けるとは思わなかったな。笑
でもこの母のエピソード、すっごい幸せじゃないですか?
なとみに置き換えて考えたら、
「仕事終わって、疲れ果てて帰ってきたら、途中で、小さいブルース(息子)が愛犬りくを連れて『おかあさーん』って手ふって迎えにきた」ってこと。
嬉し過ぎて鼻血出ちゃうわ♪

疲れ吹っ飛ぶわ♪

聞いてて涙が出ちゃいました。
これ、ねーちゃんにも聞かせてあげないとダメなやつだ!
親しかしらない私の小さい頃の話とか、家族の思い出とか、きっとまだあると思うから、母が生きているうちに、もっとたくさん母と話をしてもっともっと聞いておきたいなあって思いました。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

なとみみわ

テレビ制作会社に勤務。子育ても終わり趣味であるマンガを描きつつイラストレーターに転身。Web、雑誌、書籍、ムック、広告等を中心に活躍

81+avVPVxkL.jpg

『ばあさんとの愛しき日々』

(なとみみわ/イースト・プレス)

ガンコだけど可愛くて憎めない、なとみ家のばあさん。いつも笑顔とすっとぼけた言動で家族を楽しくふり回す毎日。そんなばあさんと暮らした楽しくってかけがえのない日々を、あたたかく描くコミックエッセイです。

コメントする

いつも毎日が発見ネットをご利用いただきありがとうございます。
この度、コメント機能の提供ですが、2022年7月6日をもちまして終了することとなりました。なお、過去に投稿していただいたコメントも見られない状態になります。
ご利用の読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。長らくのご利用ありがとうございました。
引き続き毎日が発見ネットをどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP