【地雷ママ】「子どもへの接し方が気に入らない」と会うたびに説教...理解不能のママに捕まった!

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:かっちゃん
性別:女性
年齢:42
プロフィール:結婚当初から夫の家族と同居をしている3児の母です。

81.jpg

約8年前、当時7歳の長女をプールに通わせ始めた頃に起きた、ママ友Tさんとのトラブルのお話です。

彼女とは幼稚園のバス停が同じだけの浅いつながりでした。

ところが、偶然にも長女同士が同じスイミングスクールへ通うことになったのです。

お互いに下の子を幼稚園に通わせていたので、引き続きバス停でも顔を合わせる程度の間柄でした。

そんなある日、朝のバスに次女を乗せると「ちょっといい?」とTさんから声をかけられました。

内容はスイミングスクールへの送迎について。

その頃の私は、長女をスイミングへ送り届けてから次女をピアノに連れて行く、割と強引なスケジューリングにトライし始めた頃でした。

長女がプールに慣れてきたこと、小学1年生も終盤になり、一人でできることが増えたこと等が理由です。

それでも、絶対に長女が一人になるタイミングがないよう、行きはスタッフの方々がいる入口まで送り届け、お迎えの時間までにスイミングスクールへ戻る流れにしていました。

それがなぜか彼女の逆鱗に触れたようです。

「一人でレッスン開始を待つのは早すぎる。親としてしっかりするべきだ」

Tさんはそう言って私を責めました。

さらに信じられないことを言ったのです。

「そもそもプールを習うきっかけも、私の真似をしたかったからでしょ?」

Tさんは何を言っているんだろう?全く意味不明でした。

あきれつつも、一つ一つ真摯に説明をしました。

しかし、話は平行線のままどころか、Tさんの謎の言い分でむしろ混乱するばかり。

そんな話を会うたびに言われるので、だんだん嫌になってきました。

「それぞれの家庭の判断であって、なぜ我が家のルールに変更を求めるのか」

そんな質問をしてみましたが、Tさんの言い分ははっきりせず、納得する回答は出てきません。

「周りのママたちも迷惑している」

「問い合わせたら、スイミングスクールのルールにも違反しているとスタッフの方も言っていた」

などなど、にわかには信じられないようなことばかり言ってくる始末です。

穏便に収めたいと思っていましたが、さすがに朝のバス停に1時間、帰りも1時間以上、毎日のように呼び止められて対応するのには限界がありました。

顔を合わせることも苦痛になってきたので、バス停の滞在時間が最短で済むように調整し、呼び出しも理由をつけて断るようにしました。

すると直接攻撃ができなくなった彼女は、LINEでの攻撃を始めたのです。

返事をするのも苦痛でしたが、最低限の返答は行いました。

最終的には、ものすごい長文を送ってきた後にこちらがブロックされるという、これまた不可解な終わりを迎えたのでした。

それから一切の連絡を絶ち、2年ほどして偶然スーパーでTさんと再会しました。

そのときの彼女が言った言葉はこうです。

「あの時はいろいろとナーバスになってた時期だったから、なんかごめんね~」

何事もなかったかのように話しかけてきただけではなく、いったい何を言っているんだろう。

ただ驚くばかりでした。

なんとか「何も気にしてないから~」と作り笑顔で、その場を立ち去りました。

世の中、どう努力しても理解できない人っているものです。

人気記事: 《漫画》「パート主婦って苦労してる感じだよね」と私たちを常に見下す義弟夫婦。ところが...<前編>
人気記事: 《漫画》「ごはん食べたい」帰りたがらない小4娘の同級生。家族の連絡先を知らないのに困る!<前編>
人気記事: 継母として息子と過ごした8年間の想いが...。巣立っていく息子へ「妻からの手紙」《キッチン夫婦(夫)》

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

表面上でも、気にしてないからー、と返事をしたのだしこの件はおしまいですね。
録音&ライン画面スクショで上手く立ち回ればよかったのに。今どきの人間関係トラブルは録音録画スクショ必須です。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP