リンスインシャンプーが髪をしっとりさせる仕組み/身のまわりのモノの技術(33)【連載】

pixta_20373020_S.jpg

リンスインシャンプーとは、リンスの効能をあわせ持ったシャンプーである。シャンプーは髪から脂汚れを取るもので、髪をパサパサする性質がある。それに対してリンスは髪に潤いを与えてくれる。この相矛盾する性質を一つのボトルで実現するリンスインシャンプーとは、どのようなものなのだろう。

本論に入る前に、まずは普通のシャンプーとリンスのしくみを調べよう。シャンプーは石けんと同様に、親水基と疎水基をあわせ持つ分子から成り立つ。油汚れに対して疎水基を突っ込み、親水基で表面を覆って、水で洗い落とせるようにするのだ。

リンスも基本的に石けんと同一構造である。違うのは、親水基の電荷である。水中において、石けんの親水基がマイナスなのに対して、リンスはプラスなのである。そのため、シャンプー後にリンスを利用すると、マイナスの電気を帯びている髪の毛にまとわりつき、シットリ感を出すのである。また、リンスは長い疎水基を持つため、髪がまとわりつくのを妨ぎ、髪のサラサラ感を演出してくれる。

スクリーンショット 2017-09-10 17.16.27.jpg

以上がシャンプーとリンスのしくみだ。しかし、これらを単純に混ぜてはシャンプーとリンス成分のプラスとマイナスが打ち消し合って元も子もなくなってしまう。そこで、リンスインシャンプーには工夫が必要なのである。

スクリーンショット 2017-09-10 17.16.38.jpg

代表的なのが、リンス成分として陽イオン性ポリマーを利用する方法である。陽イオン性ポリマーは、陽イオンをところどころに配した長い紐のような分子である。原液中では、リンスの陽イオンとシャンプーの陰イオンが結合している。水に解かれると分解し、小ぶりのシャンプー分子がまず先兵となって髪の汚れを落とす。髪をすすいだ後には、マイナスの電気を持つ髪にプラスの電気を持ったリンス成分が取りつき、リンス効果を発揮するのだ。

忙しい現代人には便利なリンスインシャンプーだが、シャンプーとリンスを別々に使うほどの効果は得られにくい。応急的に利用するといいだろう。

涌井 良幸(わくい よしゆき)
1950年、東京都生まれ。東京教育大学(現・筑波大学)数学科を卒業後、千葉県立高等学校の教職に就く。現在は高校の数学教諭を務める傍ら、コンピュータを活用した教育法や統計学の研究を行なっている。
涌井 貞美(わくい さだみ)

1952年、東京都生まれ。東京大学理学系研究科修士課程を修了後、 富士通に就職。その後、神奈川県立高等学校の教員を経て、サイエンスライターとして独立。現在は書籍や雑誌の執筆を中心に活動している。

zatugaku.jpg

「雑学科学読本 身のまわりのモノの技術」
(涌井良幸 涌井貞美/KADOKAWA)
家電からハイテク機器、乗り物、さらには家庭用品まで、私たちが日頃よく使っているモノの技術に関する素朴な疑問を、図解とともにわかりやすく解説している「雑学科学読本」です。

この記事は書籍「雑学科学読本 身のまわりのモノの技術」(KADOKAWA)からの抜粋です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP