「見えない糸と針で縫い物をする認知症の母」/ペコロスの母に会いに行く(4)

80歳で認知症になった母の姿を描き、ベストセラーとなった『ペコロスの母に会いに行く』。文庫化&電子書籍化を記念して、笑いと感動にあふれたコミックエッセイを9日間連続でお届けします。今回はその第4回。母との何気ない日常を詩情豊かに描いた「ぼけと家族の物語」をお楽しみください。

1104768_615.jpg1104769_615.jpg1104770_615.jpg1104771_615.jpg

次の記事「「孫の帰郷、覚えてること忘れてること」/ペコロスの母に会いに行く(5) 」はこちら。

この他の『ペコロスの母に会いに行く』はこちら。

1100404_615.jpg

 

 

岡野 雄一

漫画家、シンガーソングライター。1950年長崎市生まれ。自費出版した漫画が地元で話題になり、 2012年に『ペコロスの母に会いに行く』(西日本新聞社)を出版。第42回日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。20万部超のベストセラーに。ドラマ化、映画化され話題となる。


fd5b6a815c763eb07e7e3f1780b9c90b9a09f381.jpg

『ペコロスの母に会いに行く』

(岡野 雄一 /KADOKAWA)

父を亡くした年、80歳の母の認知症が始まった。10人姉弟の長女でしっかり者の母。酒飲みの夫と二人の息子を抱え、懸命に生きてきた。「だけんもう、何もかんも忘れてしもて良かろー?」ようやく身軽になれた母に、僕は会いに行く。時にほがらかな少女に、初々しい妻になる母に。母ちゃん、ぼけてよかったな――。
第42回日本漫画家協会賞優秀賞受賞、ベストセラーとなり映画化された、笑いと感動のコミックエッセイ。新たに18篇を収録!エッセイ・伊藤比呂美

【2019年5月アニメ化決定!NBC長崎放送で放送開始予定】

この記事に関連する「趣味」のキーワード

PAGE TOP