大ベストセラー「サラダ記念日」以前読んだ方、もう一度手に取ってみませんか?

pixta_28383415_M.jpg

歌集『サラダ記念日』が出版されて今年で三十年です。著者はいうまでもなく俵万智さん。一九八六(昭和六十一)年に新人の登竜門である角川短歌賞を受賞し、その翌年の出版でした。


  

「この味がいいね」と
君が言ったから
七月六日はサラダ記念日
 

  

歌集のタイトルの有名な歌です。サラダのようなさわやかな恋歌が持ち味です。会話の言葉を取り入れていて、リズムにも楽しさがあふれています。

実はこの歌について、俵さん本人がのちにこんなことを言っています。

「この一首を作る契機となる出来事は、現実には七月六日ではなかったし、素材はサラダでもなかった。ではなぜこの日付を選び、サラダにしたのかというと、理由はそれぞれたくさんあるのだが、一つにはS音の響きということを考えたからである」(『短歌をよむ』)。S音とは「シチガツ」と「サラダ」のシ・サの子音Sのことです。

つまり、何でもなく歌われているようにみえて、多方面から工夫された「創作」の歌だというのですね。

『サラダ記念日』からもう少し紹介してみましょう。懐かしく感じる人も多いと思いますが、どうですか?

  

「寒いね」と話しかければ
「寒いね」と答える人の
いるあたたかさ

  

「嫁さんになれよ」だなんて
カンチューハイ二本で
言ってしまっていいの

  

一首目は、ありふれた言葉だけを使って、しかも味わいは深いですね。二首目は、「カンチューハイ」の語の使用が大いに話題になりました。若い女性だけでなく、多世代の男女が引き付けられました。

『サラダ記念日』は当時話題となり、歌集としては異例の大ベストセラーになりました。理由はいろいろ挙げることができますが、重要なのはかつてベストセラーだっただけでなく、今日も多くの人に読まれているロングセラーだということです。前に読まれた方も、もう一度手に取って読んでみませんか?

Column
短歌入門の本はたくさん出ています。俵万智さんの『短歌をよむ』(岩波新書)は、それら入門書の中でも分かりやすく、しかも奥深い内容なので、おすすめの一冊です。
第一章は「短歌を読む」。短歌の作品を読む楽しみを教えてくれます。先人の開発したワザを学ぶことは、自分の作歌にも役立ちます。
第二章は「短歌を詠む」。どのように短歌を作ったらいいか、初心者からベテランまで参考になることが書かれています。
そして、第三章は「短歌を考える」。短歌と現代について考えさせてくれます。

4191H8QWXNL.jpg
『短歌をよむ』(岩波新書)

多くの人の心にさわやかな風を送りつづける俵万智が贈る清新な短歌論。自分自身を見つめ直し,現代短歌の課題をさぐります。

A9R1y7qkb3_wq4b85_63g.jpg
<教えてくれた人>
伊藤一彦(いとう・かずひこ)先生

1943年、宮崎県生まれ。歌人。読売文学賞選考委員。歌誌『心の花』の選者。

この記事は『毎日が発見』2017年8月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「趣味」のキーワード

PAGE TOP