酒井宏樹「ミスをしても、自分を否定しないことが意外と重要」/リセットする力

24051824.jpgフランスの名門マルセイユで不動の地位を確立し、サッカーワールドカップロシア大会での活躍が期待されるサッカー選手、酒井宏樹。しかし彼は「弱気」で「人見知り」という性格の持ち主だった...。
サッカー選手に不向きなその性格をいかにして克服してきたのか? 本書『リセットする力「自然と心が強くなる」考え方46』で、その具体的な方法を探っていきましょう。

◇◇◇

前の記事「酒井宏樹「自分の力を引き出してくれる仲間がどこかにいる」/リセットする力(19)」はこちら。

 

ミスは「非難するもの」ではなく「カバーするもの」

サッカーではミスが頻繁に起こります。僕も「ミスが起こる前提」で、いつもプレーをしています。ただ、同時に、ミスが起こる確率を下げる作業も必ずしています。ミスは起こるものだと思って、マルセイユのフロリアンとはあらかじめコミュニケーションを取りながら、2人の連携でミスが起こった場合はどのようにして相手を食い止めるか、考えを共有しています。

サッカーは足を使うスポーツですし、ピッチの状態によってはバウンドがイレギュラーする可能性もあります。反対に、ミスしたと思ったのが意外に良いボールになることも。大切なのは、ミスしたあとの処理をいかに迅速に行えるか、またミスの影を最小限に抑えることができるか、この2つでしょう。

サッカーは11人で行うスポーツですから、1人がミスをしたとしても、他の10人がカバーできれば失点を防ぐことができます。そこでカバーできずに失点をした場合は、ミスをした選手だけの責任ではなく他の10人の責任でもあるわけです。もちろん凡ミスで、その選手の責任というケースもありますが、それでもそのミスを指摘して非難する前に、まずはそのミスをカバーしてから、あとでその選手に意見するような度量の大きさが必要だと思います。ミスをした選手に責任はあるけど、他の選手もミスが起こったときにやるべきことはあったはずです。

 
自分にも他人にも寛容になるために

もし自分がミスをしてしまったときは、そのミスを引きずるのではなく、すぐに切り替えることを心掛けています。「ああ、ミスをしてしまった。どうしよう」と捉えるのではなく「いま、このミスをしておいて幸運だった。もう二度と同じミスを起こさないように気をつけよう」と考えることで、とにかくポジティブ思考に持っていきます。

ミスをした仲間を否定しないのと同じように、自分がミスをしても自分を否定しないことが意外と重要です。「ミスをしてしまったから自分はもうダメだ」と投げ出さずに、「ミスの原因を把握して次回に活かす」と切り替える。

それでも、ミスのあとは気持ちを引きずり、スッキリしないこともあります。しかし、サッカーの悩みはサッカーでしか解決できないから、トライを続けるというのが僕なりの答えです。絶対にやってはいけないのは、ミスを恐れて、冷静さを失うこと、そして積極性を欠くこと。チャレンジなくしてゴールは生まれません。

柏レイソルのアカデミーにいた頃、僕は本当にミスの多い選手でした。
自分がミスをして試合に負けると、「サッカーをやめたい」とさえ思うこともありました。おそらく妙なプライドが邪魔をしていたように思います。でもよく考えてみると、「僕1人の力で試合の結果が決まってしまうほど自分はすごい選手ではない」ということに気がついたのです。

そこからは「自分は下手なんだからしょうがない。同じミスを繰り返さないようにすればいい」と気持ちの切り替えがうまくできるようになって、だいぶラクになりました。

それに、みんな勝つために全力でプレーしているわけで、ミスをしたくてしている人なんていません。こうした原体験から、「ミスをした仲間も自分も否定しない」という考えが生まれたのだと思います。

また、ミスへの否定がなくなったことで、心の底から仲間と勝利の喜びを分かち合えるようになりました。そして、それは「僕はやっぱりサッカーが好きだな」という実感につながり、そうした達成感のおかげでまた前に進むことができるようになったのです。

ミスは起こるものと考えて、自分にも他人にも寛容になる。そうすれば、慌てることもイライラすることもなくなって、精神衛生上にもプラスになるはずです。また、そうした雰囲気づくりがチームとして不安を遠ざけ自信を深めていくように思います。

 

次の記事「酒井宏樹「自分の時間を確保するために。お金で時間を買うことも必要」/リセットする力(21)」はこちら。

撮影/千葉 格

70b58b481d3cafd83e83d74641372293cf601c70.jpg

酒井 宏樹(さかい ひろき)

1990年4月12日、長野県生まれ。千葉県柏市で育つ。柏レイソルU-15、U-18を経て2009年にトップチームへ昇格。2010年にJリーグデビュー。2011年にはチームの主力として活躍し、チームのJ1優勝とともに、ベストイレブン、ベストヤングプレーヤー賞を受賞。同年10月にはA代表に初選出される。日本での活躍が評価され2012年にドイツ・ブンデスリーガのハノーファー96へ完全移籍。主力として活躍した後、2016年6月にフランスの名門オリンピック・マルセイユへ完全移籍。マルセイユ移籍後も確固たる地位を築き、不動の右サイドバックとして活躍。日本代表でも欠かせない存在として、2018年ロシア・ワールドカップでの活躍が期待されている。

37ebd8adf802848fdbe6ff1187023e2f562ceca5.jpg

『リセットする力「自然と心が強くなる」考え方46』

(酒井 宏樹/KADOKAWA)

「日本人は活躍できない」という前評判を覆し、フランスの名門マルセイユで不動の地位を確立し、世界の注目を集めるサッカー選手となった酒井宏樹。彼はいかにして「自信のなさ」と「メンタルの弱さ」を克服し、心を強くしていったのか。自然と心が強くなる具体的な方法をこれまでのエピソードをとおして初公開!

この記事は書籍『リセットする力「自然と心が強くなる」考え方46」』からの抜粋です。
PAGE TOP