世界一のろまなサメが世界一長寿の脊椎動物だった !/地球の雑学

pixta_20502642_S.jpg地球はどうやって生まれたのか? 人間の身体の知られざる秘密など、思わずだれかに話したくなる理系のウンチク。本書『人類なら知っておきたい 地球の雑学』で、あなたの雑談を"スケールアップ"させませんか?

◇◇◇

前の記事「行為後にメスの交尾器を破壊する恐怖のクモ/地球の雑学(48)」はこちら。

 

世界一のろまなサメが世界一長寿の脊椎動物だった!

これまで、もっとも長寿であることが確認された脊椎動物は、211歳のホッキョククジラだった。ところが、デンマークのコペンハーゲン大学などの研究チームが、推定392歳の脊椎動物を発見した。

その動物は、ニシオンデンザメ。北極海の深海が生息域なので日本人にはあまりなじみがないが、その特徴は"のろま"の一言に尽きる。体長は4~6メートルあり、一般的には大型の魚ほど泳ぎが速い傾向があるというのに、ニシオンデンザメは時速1キロ程度と人間の歩みより遅い。ふだんは海の底を「泳ぐ」というより「漂っている」のだが、尾びれを左右に1往復振るのに7秒もかかっている。

成長するのも遅く、1年に1センチメートル程度。これで体長4~6メートルにもなるのだから、さぞ長生きしているのだろうとかねてから考えられてはいた。しかし、サメには軟骨しかないため、従来の方法では年齢が測定できなかった。

そこで研究チームは、目の水晶体のタンパク質に含まれる放射性炭素から、28匹のニシオンデンザメの年齢を測定してみた。すると、なんと392歳の個体がいたのである。

ニシオンデンザメの長寿の秘訣は、低温の中であまり動かないため代謝が少ないこと。しかも、大きな体で海の底にいるので天敵がいない。その肉には毒があるといわれ、人間にも狙われることがない。

そんなにのろまでエサが獲れるのだろうかと心配になるが、ニシオンデンザメはエサを求めて浅瀬に上がると、口に入るものなら何でも食べる。のろまさゆえに、アザラシやホッキョクグマの新鮮な死骸をも食べていると思われる。

しかし、のろまさゆえの困ったこともある。メスが成熟するまで150年もかかるため、個体数が増えず、種の存続が危ぶまれているのだ。

長寿の秘密を探るためだけではなく、早急な保護が求められている。

※写真はサメのイメージ画像です。

次の記事「高血圧なキリンの体を守るものすごいしくみ/地球の雑学(50)」はこちら。

※「地球の雑学」その他の回はこちら

51dO13z00kL.jpg

人類なら知っておきたい 地球の雑学

(雑学総研/KADOKAWA)

眠れないほど面白い理系ウンチク212! 思わず誰かに話したくなる「理系のウンチク」を集めました。職場で家庭で、日々の「雑談」に役立つ、動植物・天体(太陽系)・人体・天気・元素・科学史など、「理系ジャンルネタ」が存分に楽しめる必読の一冊です!

この記事は『人類なら知っておきたい地球の雑学』からの抜粋です。

この記事に関連する「趣味」のキーワード

PAGE TOP