「遠藤が入るとリズムがよくなる」と言われるのはなぜか?/遠藤保仁「一瞬で決断できる」シンプル思考(12)

6.jpgなぜ体力測定B判定でも、日本代表として世界を相手に活躍できたのか?

数々の記録をもつ天才サッカー選手・遠藤保仁の「最速で最高の決断」をくだす思考のつくりかたの極意を大公開!
「やることが山積みで全然前に進まない」「頭の中がごちゃごちゃでつらい」などの悩みをかかえているあなた、本書『「一瞬で決断できる」シンプル思考』から考え方のコツを学びましょう。

◇◇◇

前の記事「強いチームは悪い流れに完全に傾くのを食い止める/遠藤保仁「一瞬で決断できる」シンプル思考(11)」はこちら。

 

「印象」と「錯覚」について

「遠藤がいるとチームのリズムがよくなる」「遠藤が入ってから試合運びが安定した」といった声を聞くことがある。

そのように言われるのはうれしいことだが、自分自身はいつもと同じプレーをしているだけなので、本当に僕の存在が試合のリズムをよくしているのか、なぜそのような評価をされるのか、実はよくわからない。

同じようなミスでも、試合の流れが悪いときにするミスのほうが印象は強くなるのと同じで、しょせんは錯覚なのかもしれない。

ただ、実際にチームのリズムがよくなっているかどうかは別として、錯覚でも何でも敵のチームに「今日は遠藤がいるからチームにリズムがある。やはり手ごわいな」と思わせることができれば、それはチームのメリットになる。

なぜなら、敵の選手は、僕へのマークを厳しくし、いち早く潰しにくるからだ。そうなれば、そのぶん他の選手へのマークが緩くなるため、どんどん僕がボールをさばいたり、おとりになったりすれば、他の選手がラクにプレーできる可能性が高くなる。だから、「遠藤がいるときはリズムがいい」とだまし続けることができれば、それだけでも価値があるのだ。

 
流れが読めるとリズムをつくれる

「あの選手が入るとリズムがよくなる」と評される選手は、他のチームにもいる。中村俊輔選手、中村憲剛(けんご)選手など司令塔タイプに多いようだ。そのような評価を受けるのは実績や経験によるイメージの部分も大きく影響しているだろうし、こうすればいいという絶対的なコツもないだろう。

ただ、僕の場合は、どんな試合でも安定したパフォーマンスを発揮すること、そして、試合の「流れ」を読んでプレーすることを心がけている。

たとえば、チームが試合で負けているとき、早く追いつこうとあせって、チーム全体が前へ前へと行きすぎてしまうことがある。残り時間がわずかなら前がかりになるのもわかるが、十分に時間が残されているのに、前がかりになったら逆効果だ。じっくりボールをまわしたほうが効果的であるにもかかわらず、やみくもに前線にボールを放り込んでも、相手の思うつぼである。全体に前に行きすぎていると感じたら、わざと自分のところでゆっくりボールをまわして、チームに「あせらずにいこう」とメッセージを送ることがある。

そうした流れを読んだプレーが、「遠藤が入るとリズムがよくなる」という評価につながっているのかもしれない。

「結果を出したかったら、ひたすら一生懸命やりなさい」とよく言われる。だが、何かで結果を出すには、リズムよく取り組むことが大切だ。

たとえば、睡眠不足で頭がボーッとしているときに何かに取り組んでも集中できず、パフォーマンスは下がるばかりだ。疲労がたまっているなら、思い切って昼寝の時間を確保して、頭をすっきりさせてから作業を再開したほうが結果的に高いパフォーマンスにつながるはずだ。

集中して何かを生み出したければ、自分の自然なリズムにさからわないことが重要である。サッカーの練習でもテンポよく取り組むことができれば、量をこなしても疲れを感じることが少ない。

また、日常における生活リズムも大事だ。残業や飲み会が続いて早く帰れない、帰宅してもついインターネットをしてしまい寝るのが遅くなってしまうなど、生活リズムが乱れていれば、これを機に見直してみてはどうだろう。

 

次の記事「「ポジションを変える」と先読みの精度が増す/遠藤保仁「一瞬で決断できる」シンプル思考(13)」はこちら。

撮影/佐藤 亮

70b58b481d3cafd83e83d74641372293cf601c70.jpg

遠藤 保仁(えんどう やすひと)

1980年1月28日、鹿児島県生まれ。鹿児島実業高校卒業後の1998年に横浜フリューゲルスに入団。京都パープルサンガを経て、2001年にガンバ大阪に加入。数々のタイトル獲得に大きく貢献し、2003年から10年連続でJリーグベストイレブンに選出され、現在もガンバ大阪の中心選手として活躍中。また、U-20日本代表をはじめとして、各年代の日本代表に選出され2002年11月に日本代表国際Aマッチデビュー。その後は、日本代表の中心選手として活躍し3度のワールドカップメンバーに選ばれる。「日本代表国際Aマッチ出場数最多記録保持者」「東アジア最多出場記録」「2009年アジア年間最優秀選手」「2014年JリーグMVP」など数多くの記録をもつ。178㎝、AB型。

37ebd8adf802848fdbe6ff1187023e2f562ceca5.jpg

『「一瞬で決断できる」シンプル思考』

(遠藤保仁/KADOKAWA)


「国際Aマッチ出場数最多記録保持者」など、数々の記録をもつ天才サッカー選手・遠藤保仁の「一瞬で決断できる」シンプル思考の原点に迫る! 年齢を重ねるごとに進化する「最速で最高の決断」をくだす思考のつくりかたの極意44。

この記事は書籍『一瞬で決断できる」シンプル思考』からの抜粋です。

この記事に関連する「趣味」のキーワード

PAGE TOP