年末年始の旅行前はチェック必須! 機内持ち込みできない意外な物とは

pixta_31935027_S.jpg


年末年始は、帰省や海外旅行などで飛行機に乗る方も多いのではないでしょうか。空港に行く前に、気を付けておきたいのが、機内の持ち込み制限。うっかり手荷物に制限物を入れてしまうと、搭乗前のチェックで泣く泣く処分するハメになることも。そんなことにならないよう、あらかじめ持ち込み禁止の物をチェックしておきましょう。

安全のためにある厳しい持ち込み制限

飛行機に乗るときに手荷物検査があるのは、安全対策やテロ防止のためです。刃物や火薬などの危険物はもちろん、国際線では飲み物を始めとする液体も制限されます。化粧品などの液体物を機内に持ち込むときには、100ml以下の容器で、縦横40センチ以下のジッパー付き透明袋に入れなければなりません。ペットボトルなどの飲み物は、出国手続き後に免税店などで買うようにしましょう。薬や赤ちゃん用のミルクは、持ち込みOKです。

液体に制限があるのは、液状の爆発物による可能性があるためです。実際に2006年にイギリスで、スポーツドリンクを装った液体爆発物で、飛行機を爆破させようとしたテロ計画もありました。何かあったら逃げ場のない空の上で、私たちの身の安全を図るために、厳しい持ち込みチェックは欠かせないのです。

pixta_6979476_S.jpg持ち込み制限は、安全のために設けられているのです。


おもちゃの手裏剣もダメ! 持ち込みできない意外な物

ときには、意外なものまで持ち込みを制限されています。例え子供のおもちゃでも、手錠や手裏剣などは凶器とみなされるため、持ち込めません。国や航空会社によっても違いがあり、裁縫セットや化粧道具の小さなハサミでも、場合によっては危険だと判断されることもあるようです。インドでは、チリパウダーなどの刺激の強い香辛料も没収されてしまうそうですよ。

ネット上では、「韓国旅行の帰り、お土産のサムゲタンが持ち込めなかった」「確かタイだとドリアンが禁止物に入ってた記憶があるな」「刀を模した折り畳み傘も禁止になっている」と、意外な禁止物について驚きの声もあがっています。

手荷物として持ち込みはできなくても、スーツケースに入れて預ければ、飛行機に乗せられる物もあります。航空会社のホームページにも細かく載っていますので、一度チェックしておきたいですね。快適な空の旅になるよう、事前にしっかり準備をしておきましょう。

pixta_7935371_S.jpg


文/大内なつき

友だちに教える
この記事が気に入ったらいいね!しよう
毎日が発見の最新記事をお届けします。
PAGE TOP
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット