巨匠セザンヌと文豪ゾラ。その友情の行方(後編)/5分でわかれ!印象派(6)

6-3.jpg

6-4.jpg

【次ページ:大ヒット作家となったゾラは!?】


人気のコミック連載:母親に向いてない...?「子どもを叱りつける親は失格ですか?」

人気のコミック連載:「犬のおしりにしかれてます。それでも仕えた11年の日々」

人気のコミック連載:笑ってジ~ンとくる「健康以下、介護未満 親のトリセツ」

人気のコミック連載:猫好きはキュンキュン「タレ目猫そむが可愛すぎるんじゃ~!」


 

須谷 明
ネット上で歴史を題材にした創作漫画を描いたり描かなかったり。好きな幼馴染は西郷と大久保

shoei.jpg

『5分でわかれ!印象派』

(須谷明/KADOKAWA)

印象派の絵画といえばふわふわでキレイなイメージ…でも一方で、印象派の画家たちは当時の常識を覆す“炎上画家”だった! なにが斬新だったの? 「未完成の壁紙の方がまだマシ」「腐った肉の色!」と酷評された名画とは? モネとルノワールの尊い青春の日々とは? 名画の見方がガラッと変わる教養コミック

※この記事は『5分でわかれ!印象派』(須谷明/KADOKAWA) からの抜粋です。

この記事に関連する「趣味」のキーワード

PAGE TOP