「あなたのことが心配でした」中学3年間の英語でデキル!日常会話(30)

pixta_29026653_M.jpg

毎週月曜、木曜更新!

2020年夏の東京オリンピックまで、いよいよあと3年弱。

競技観戦で隣同士になった外国人観光客と話さなくてはいけなくなった!なんてシーンで困らないよう、今から簡単な英語の日常会話を学びませんか? 「英語は全然ダメ」なあなたでも、中学3年間で学んだ英語の学習なら、3年後に間に合うかもしれません! もちろん海外旅行先でも役立つキーフレーズが満載です。

さあ、一緒に学んでいきましょう!


今日の英会話:

I was worried about you.「あなたのことが心配でした」

友人が体調を崩しているのを知っていたり、よくないニュースを聞いたり、前日の別れ際に何かが起こった時、その次にあった時に声をかけてあげる時に使うフレーズです。

「I worry about you」と言ってしまうと、常日頃からずっとあなたのことを心配しているよ、ということになってしまいますので少し注意が必要ですね。
自分の土地を離れたところで何かが起こった時に、人に気にかけてもらえるのは嬉しいものですよね。「I was worried about you.(君のことが心配だったよ!)Are you all right now?(今はもう大丈夫?)」と声をかけてあげましょう。


Key Phrase 76
I was+過去分詞.
~されました/~しました

「be動詞+過去分詞」は、「~される」という受身の意味になるのが 一般的です。しかし、動詞の中には「...を~させる」という意味を持つ語が あります( 例 move「人を感動させる」)。そのような語が受身になると「~ する」という意味になります。

  1. I was bitten by a dog.(犬にかまれました)
  2. I was robbed of my bag.(バッグをひったくられました)
  3. I was stung by a bee.(ハチに刺されました)
  4. I was deeply moved.(とても感動しました)
  5. I was worried about you.(あなたのことが心配でした)
  6. I was a little annoyed.(少し気分を害しました)
  7. I was caught in a shower yesterday. (昨日、夕立にあいました)
  8. I was caught in a traffic jam. (交通渋滞に巻き込まれました)
  9. I was born in 1970.(1970年に生まれました)
  10. I was born on December 26 in 1975. (1975年12月26日に生まれました)



【Column】
どこの国の人でも親しくなれば、お互いを愛称(ニックネーム)で呼び合うことが多くなります。しかし、なかには愛称と名前が全くかけ離 れたものもあります。新しい愛称を耳にしたら、一つひとつ辞書に当たって確認しておきましょう。


★「ベティ」と「エリザベス」は同一人物!

《愛称》   《名前》

(男性名)

Tom (トム)   Thomas(トーマス)

Mike (マイク)  Michael(マイケル)

Bill (ビル)   William(ウィリアム)

Jim (ジム)   James(ジェームズ)

Bob (ボブ)   Robert(ロバート)

(女性名)

Betty(ベティ)  Elizabeth(エリザベス)

Kate(ケイト)   Catherine(キャサリン)

Susie(スージー) Susan(スーザン)

Meg(メグ)    Margaret(マーガレット)

Jane(ジェーン) Janet(ジャネット)



稲田 一(いなだ はじめ) 

1948年、広島県生まれ。早稲田大学法学部卒業。

大手電機メーカーの人事・総務部勤務後、(専)通訳ガイド養成所を経て、翻訳・塾講師・家庭教師などの仕事に従事。受験界に身を転じてからは、「志望校の徹底分析に基づく効率的学習」を柱とする独自の学習法を確立。その理論に裏付けられた指導法により、多くの受験生を合格へと導く。還暦を機に、海外各国を歴訪。今後も視野を一層広げるため、訪問国を増やしていく予定。

「稲田式 やりなおし英語」と好評を博している「中学3年間の英語」シリーズは累計120万部突破。年間ベストセラー語学書1位(2012年)も獲得した後も、世代を超えて活用されているロング&ベストセラーシリーズとなっている。

※稲田一さんの著作は本記事の「Key Phrase」部分になります。

71pqgDgrGhL.jpg

『カラー版 CD付 中学3年間の英語で身につける日常会話』

(稲田一/KADOKAWA)

「日常生活あるいは海外旅行」でよく使われる「180のキーフレーズ」を厳選。各キーフレーズには、「応用フレーズ」を何種類かずつ掲載しています。各フレーズから選んだ代表的な3フレーズを収録したCD付!

※書店でお求めまたはご注文の際は、 ここをクリックしてスマホ画面に表示し、書店員さんに問い合わせてください。

この記事は『カラー版 CD付 中学3年間の英語で身につける日常会話』からの抜粋です。

この記事に関連する「趣味」のキーワード

PAGE TOP