「もっと一緒に写真を撮れば良かったのぉ」あれから7年。大吉じいちゃんの想い/ねことじいちゃん7(7)

03.jpg04.jpg

【次ページ:教え子・加奈ちゃんが届けてくれたものとは?】

 

ねこまき(ミューズワーク)
2002年より、名古屋を拠点としながらイラストレーターとして活躍。コミックエッセイをはじめ、犬猫のゆるキャラマンガ、広告イラストなども手がけている。著書にはベストセラー『まめねこ』シリーズ(さくら舎)、『ねこアンソロジーコミック ねこといっしょ ニャつらの傾向と対策』(KADOKAWA)など多数。

【毎日が発見ショッピング】「片付けで子どもを救おう古着ボックス」

 

2103-4furugi.jpg

断捨離で社会貢献!あなたの「片付け」がワクチン寄付につながります。
洋服や服飾雑貨を送ると開発途上国の子どもにワクチンが届けられる【片付けで子どもを救おう古着ボックス】 お買い物割引券付きなのでお得に楽しくお片付けがはかどりますよ!ぜひチェックしてみてくださいね。

▶詳細はコチラ!

shoei.jpg

『ねことじいちゃん(7)』

(ねこまき(ミューズワーク)/KADOKAWA)

妻に先立たれ、ねこのタマとふたり暮らしの大吉じいちゃん。ある日、押し入れの奥にしまい込んでいたアルバムを開くと、妻・佳枝が亡くなる直前にタマと3人で撮った写真が出てきてー。写真を通して蘇る、愛しい人の思い出。優しい水彩画タッチのイラストと、毎日がいとおしくなる四季折々の彩りにのせてお届けします。

この記事は、『ねことじいちゃん(7)』(ねこまき(ミューズワーク)/KADOKAWA)からの抜粋と、『毎日が発見』2021年3月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「趣味」のキーワード

PAGE TOP