バッグの中から玄米茶!二人の健康の秘訣とは? エレノア・コッポラ×ダイアン・レイン対談(2)

DSC_5307.jpg7月7日公開の映画『ボンジュール、アン』の監督は、『地獄の黙示録』の巨匠フランシス・フォード・コッポラの妻、エレノア・コッポラさん。80歳にして劇映画監督デビューを果たした彼女と、主演のダイアン・レインさんの対談をお届けします。


家族のために生きてきた50代の主婦アンが、夫の仕事仲間と二人きりで、カンヌからパリまで予想外のドライブ旅に出かけるこの作品。映画の魅力的な「食」の話から、思わぬ健康話が飛び出しました。おふたりの健康のひけつとは?

前回の記事:巨匠コッポラの妻が初監督した映画とは?

-ドライブ中、何度も素敵な食事シーンが出てきます。ジャックのアイディアで道端でピクニックをしたり、リヨンのマーケットに立ち寄ったり。1日目の夜のディナーもすてきですね。ちょっと官能的な場面です。

ダイアン 詩的ですてきな場面ですよね。でも撮影中は、その時々を生きることに夢中だから、まったく気付かなかったんです(笑)。食べるというのは自分の中に新たな何かを取り込むことだから、文化と文化が出合う瞬間でもありますよね。それは新鮮だったり、エキゾチックだったり、ちょっとおしゃれだったりして、ワクワクする気持ちを運んできてくれる。恋する気持ちとも似ていて、この映画でエレノアが描いた大事な部分でもあると思います。
DSC_5424.jpg

-文化の出合いといえば、ディナーのシーンで、アンが「チョコレートは体にいい」と言うと、ジャックが「アメリカ人はそうやって何でも理由を付けたがる。楽しめばいいのに」と返します。アメリカ人の夫マイケルと、フランス人のジャックとの対比が面白かったです。


エレノア 冒頭の場面でマイケルは、せっかくカンヌに来て、海沿いのバルコニーにいるのに、ビジネスの話ばかりして景色も見ていないんです(笑)。ジャックは「食」をとても大切に楽しむ人ですが、マイケルは正反対で、スローライフ的なことにはまったく興味がありません。限られた時間で物語を伝えるためには、対比がくっきりしているほうが面白いので、夫のマイケルはこんな設定にしてみました。ただ、二人の対比を、どちらの男性がアンを幸せにできるかという「男の戦い」にはしたくなかったんです。マイケルは完璧な夫ではありませんが、ジャックも完璧ではないんです


-たしかにジャックはアンにお金も借りますし、完璧な男性ではありませんね。ところで、先程の「チョコレートは体にいい」みたいな健康の話、日本の人たちも好きですよ(笑)。

エレノア そうなの? 私は、これを持ってきているのよ。(と、カバンの中から取り出したのは、玄米茶のティーバッグ)

ダイアン あら!じゃあ、対抗して私も出すわよ(笑)。(しばしカバンの中を物色)残念!ないみたい。スタミナが欲しいとき、芝(れいし)のお茶を飲んでいるんです。粉末でお湯を足すだけでいいんですよ。

DSC_5334.jpg
―お二人の健康のひけつは?

エレノア 何より睡眠ですね。8時間はとります。睡眠が足りていないと、精神的にもイライラしやすくなりますから。

ダイアン 私はこの映画から教わったことですけれど、楽しんでいる気持ちは表に出るということ。人生を楽しんでいなかったら、人からそう見えるってことを自覚していないといけないなと思いました。

>>>第3回:ハリウッド女優、ダイアン・レインは秘密主義!?

【サブ1】_660.jpg

『ボンジュール、アン』(原題 PARIS CAN WAIT)

7月7日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

監督・脚本・製作:エレノア・コッポラ

出演:ダイアン・レイン、アルノー・ヴィアール、アレック・ボールドウィンほか 

2016年/アメリカ 92分 

配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES

the photographer Eric Caro

公式サイト:http://bonjour-anne.jp/

友だちに教える
この記事が気に入ったらいいね!しよう
毎日が発見の最新記事をお届けします。
PAGE TOP
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット