お肉やわらかレシピ「レモン酢煮込み鶏」「砂肝とごぼうのうま煮」/レモン酢でキレイ!(3)

ブームを呼んでいるレモン酢はレモンをお酢に漬けて作るフルーツ酢のひとつです。 「おいしくて体によい」を提案している料理研究家の村上祥子さんに、レモン酢を使ったレシピを教えていただきました。基本のレモン酢の作り方はこちら

前の記事「こんなにある!レモン酢の役立つ8つの健康効果」はこちら
 1610p40_1main.jpg 肉をやわらかく
「レモン酢煮込み鶏」
1人分279kcal 塩分2.3g

材料(2人分)
鳥手羽元...300g
A レモン酢...大さじ4
 しょうゆ...大さじ2
 ケチャップ...大さじ1
水...大さじ2
レモン(酢漬け)...2枚
リーフレタス...少々
こしょう・パセリのみじん切り...各少々

作り方
1.手羽元は骨に沿って切り込みを入れ、さっとゆでてざるへ上げる。(アクを取るため)
2.鍋にAを入れ、1.を加え、レモン(酢漬け)をのせたら、ふたをして火にかける。
3.煮立ってきたら弱火で10分煮て、鶏肉が柔らかくなったらふたを取り、火を強めて水分を飛ばす。
4.器にレタスと鶏肉を盛り、こしょうをふり、パセリを散らす。

 

1610p41_1main.jpg

くさみを消す
「砂肝とごぼうのうま煮」
1人分73kcal 塩分0.7g

材料(作りやすい分量・約4人分)
砂肝...100g
ごぼう...100g
A レモン酢...大さじ2
  水...1カップ
  しょうゆ...大さじ1
  みりん...大さじ1
  ごま油...小さじ1/2

作り方
1.砂肝は丸のまま柔らかくゆで、薄切りにする。
2.ごぼうは皮をこそげて洗い、3〜4cm長さに切る。太いところは二つ割りにする。水からゆで、柔らかくなったら湯を切る。
3.鍋に1. 2. Aを入れて火にかけ、煮立ったら中火で煮汁がなくなるまで煮つめる。

次の記事「作り置きも!「小あじのエスカベッシュ」」は近日公開。

1610_murakamiprof_sub.jpg
<教えてくれた人>
村上祥子(むらかみ・さちこ)さん
料理研究家・管理栄養士。1942年、福岡生まれ。公立大学法人福岡女子大学国際文理学部・食・健康学科客員教授。食材の持つ力で健康寿命の延伸を図る研究に関与。同大学にある「村上祥子料理研究資料文庫」で50 万点の資料が一般公開されている。公式ホームページ http://www.murakami-s.jp/
この記事は『毎日が発見』2016年10月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP