簡単!おいしい!レモン酢の作り方/レモン酢でキレイ!(1)

1610p36_1main.jpg

ブームを呼んでいるレモン酢はレモンをお酢に漬けて作るフルーツ酢のひとつです。 「おいしくて体によい」を提案している料理研究家の村上祥子さんに、人気の秘密や健康効果について教えていただきました。

 

村上流 簡単、おいしい、だから長続きするレモン酢の作り方

村上流レモン酢は電子レンジを使うので、漬け込む時間はわずか半日。すぐに料理にも使えます。

材料(45ml瓶1本分)

1610p37_1.jpgレモン...1個(100g)
氷砂糖...100g
酢...200㎖

レモンは防腐剤やワックスの少ない国産のものがお勧め。容器は耐熱ガラスの保存瓶を用意する。

 

作り方
1.洗う

1610p37_2.jpg

レモンはお湯をかけながら、表面をたわしでゴシゴシ洗う。

 

2.切る

1610p37_3.jpg

ペーパータオルで水分を完全にふき取り、幅1㎝の輪切りにする。

 

3.材料を合わせる

1610p37_4.jpg

瓶に氷砂糖を入れ、レモンを加え、酢を注ぐ。

 

4.加熱

1610p37_5.jpg

瓶にふたはせずに電子レンジで加熱する。600Wなら30秒、750Wなら25秒、500Wなら40秒程度加熱する。
※この時点で、氷砂糖が溶けることはない。

5.レモンを浸す

1610p37_6.jpg

レモンにラップを直にかぶせ、スプーンやゴムべらなどで押さえながら、レモンを酢の中に沈める。
※レモンはしっかりと酢に漬ける。

 

6.12時間おく

1610p37_7.jpg

瓶にふたをして、常温で12時間おいたら出来あがり。

<ワンポイントアドバイス>
●出来あがったらレモンは取り出さなくても大丈夫。
●氷砂糖を黒砂糖、上白糖、きび砂糖に替えてもOK。その場合は沈殿しやすいので、こまめにかき混ぜる。
●酢は、米酢、玄米酢、黒酢、リンゴ酢、ワインビネガーなど好みの酢を使ってもOK。
●常温で1年間保存できる。ただし、高温多湿の夏場や暑い地域では冷蔵庫で保存する。

次の記事「こんなにある!レモン酢の役立つ8つの健康効果/レモン酢でキレイ!(2)」はこちら。

1610_murakamiprof_sub.jpg
<教えてくれた人>
村上祥子(むらかみ・さちこ)さん
料理研究家・管理栄養士。1942年、福岡生まれ。公立大学法人福岡女子大学国際文理学部・食・健康学科客員教授。食材の持つ力で健康寿命の延伸を図る研究に関与。同大学にある「村上祥子料理研究資料文庫」で50 万点の資料が一般公開されている。公式ホームページ http://www.murakami-s.jp/
この記事は『毎日が発見』2016年10月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP