お肉の調理方法でシミできやすさが変わる!?「から揚げにレモン」の意外な効果

180514_simi_1.jpg

ネット上でも「コンシーラーで隠すのが大変」「シミのせいで老けて見える」といった声が上がっているように、多くの女性が悩まされているお肌の"シミ"。「年齢のせいだから仕方がない」と諦めずに、しっかり対策すれば予防することができますよ。


シミができやすい人はどんな人?

以前放送された「林修の今でしょ! 講座」(テレビ朝日系)では、"肌のシミ対策"について特集。番組には久留米大学医学部教授・山岸昌一先生が登場し、詳しい予防法を教えてくれました。

これからの季節に気になる"紫外線"はお肌の大敵。強い紫外線を受けた肌をそのまま放っておくと、シミの原因にもなってしまいます。しかし、紫外線を浴びてからシミが作られるまでは約1カ月の期間が必要。その間にしっかりと対策を施せば、シミをある程度予防できるのだそうです。

シミの大きな原因となってしまうのが、"AGE"という物質。本来は紫外線から体を守ってくれている"メラニン色素"を、シミとして肌に定着させてしまう厄介な物質です。体内にAGEがたくさんあるとシミができやすくなってしまうので、シミを作らないためにも、ため込まないよう意識することが大切と先生は言います。

AGEは、タンパク質が糖にこびりついてできてしまうもの。つまり、食べ物から体内に入ってくるので、AGEが多く含まれる食べ物を摂り過ぎないように注意することが大切なのだそうです。


AGEを減らすためには?

AGEが最も多く含まれているのが"肉"。しかし、肉料理を一切食べないようにするのは大変ですよね。そこで山岸先生がおススメしてくれたのが、"ゆで料理"と"蒸し料理"。なんと、揚げ物と比べるとAGEの量を10分の1に抑えてくれるのだとか。安心して食べられますね。

「どうしてもから揚げを食べたい!」というときは、なんとレモンをかけると効果的なのだそう。ネット上では、「から揚げのレモンってちゃんと意味があったんだ!」「レモン否定派だったけどこれからはレモンをかけまくる」など、驚きの声が上がっています。家で作るときは下ごしらえに酢を使うとより効果が期待できるので、ぜひ試してみてくださいね。

また、シミ予防にはきのこ料理もおススメ。きのこに含まれる"キチン"や"キトサン"という成分がAGEの吸収を抑えてくれるので、シミができやすくてお悩みの人は積極的に摂取してみては?

文/藤江由美


関連記事:「シミ・シワ・たるみは毛細血管の老化が一因!? ゴースト血管の実態」

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP