酢にんにくを漬けダレに! 鶏と煮卵が主役のメイン料理を【作ってみた】/モモ母さん

DSC04192.JPG
こんにちは。「モモ母さん」です。

娘ふたりはそれぞれ自立しており、現在は夫とマルチーズのモモと暮らしている50代半ばの主婦です。インテリアや器が大好きです。日々の料理や食卓をブログに綴っております。

前回は「毎日が発見ネット」に掲載された村上祥子さんの「酢にんにく」を使って、お箸が止まらない「ホタルイカと菜の花の和え物」を作りました(記事はこちら)。

前回は副菜でしたので、今回は主菜を。酢にんにくを漬け込みダレにアレンジして、鶏もも肉を使ったメイン料理を作ってみました。

 

しっとり柔らかで臭みもゼロ!
「酢にんにくで漬け鶏と煮卵」

 

【材料】(2人分)
鶏もも肉...大きめ1枚
卵...2個
エリンギ...2本
A
酢にんにく...大さじ1
砂糖...小さじ1
しょうゆ...大さじ2
みりん...大さじ2

DSC04096.JPG

 

【作り方】
1. 鶏もも肉は筋を切って厚さを均等にし、半分に切る。卵はお好みの固さに茹でる(今回は8分茹でました)。エリンギは縦1/2に切っておく。を容器に入れて600Wで1分加熱しておく(みりんのアルコール分を飛ばすため)。

2. フライパンにサラダ油大さじ1/2をひき、鶏もも肉を皮面から中火で焼く。DSC04099.JPG焦げ目がついたら裏返し、エリンギを一緒に入れて蓋をして、中までしっかり火が通るように焼く。串がすっと刺さるようになったら焼き上がりの目安です。DSC04105.JPG
3. タッパーなどの保存容器に、加熱しておいたを入れ、焼いた鶏もも肉、エリンギ、殻を剥いたゆで卵を漬け込む。時々上下を返しながら、半日〜1日冷蔵庫で保存する。DSC04110.JPG

日持ちするので、倍量で作って常備菜にするのもおススメです。
酢の効果で、漬け込んだ鶏もも肉はしっとり柔らかに仕上がり、臭みも全くありません。しっかりとタレに漬かったにんにくも、柔らかくてとても美味しいです。
ゆで卵やエリンギの他に、焼いたしし唐や茄子などを漬け込んでもいいですよ。

 

晩ご飯にいただきました。DSC04204.JPG

「酢にんにくで漬け鶏と煮卵」をメインに、副菜はほうれん草のごま和えと、長芋と明太子のポテトサラダ、あさりのお味噌汁です。ヘルシーで健康的な食卓になりました。

簡単にできて常備菜にもなる「酢にんにくで漬け鶏と煮卵」。ぜひ作ってみてくださいね!

 

関連記事「旬のたらに栄養とコクをプラス!「野菜だし」入り甘酢あんかけを【作ってみた】/モモ母さん」

モモ母さん
アメブロ公式トップブロガー。ブログ「毎日笑顔で過ごしたい アラフィフ主婦の料理と日常」主宰。ブログの読者数は8万2000人超。アンティーク家具や雑貨、北欧食器をコレクション中。著書に『『モモ母さんの毎日が笑顔になる絶品おかず「今日のごはん何にしよう...」を解決するレシピが140点』 、『家ごはんをおいしくするスプーン1杯の魔法 モモ母さんのワザありレシピ130』(以上KADOKAWA)。

書影.jpg

『モモ母さんの毎日が笑顔になる絶品おかず「今日のごはん何にしよう...」を解決するレシピが140点』

(KADOKAWA)

Amebaブログ「毎日のレシピ」ジャンルで連日人気のモモ母さんのレシピ本、待望の第2弾! 家族に人気の定番料理から本書のための新メニューまで、140点のレシピを掲載。翌日もおいしくいただくアレンジや、切っただけ&焼いただけの素材に使うたれやドレッシングなど、日々の献立をぐんと豊かにするアイデアが満載です。

友だちに教える
この記事が気に入ったらいいね!しよう
毎日が発見の最新記事をお届けします。
PAGE TOP
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット