酢にんにくで作る春の一品 ホタルイカと菜の花の和え物を【作ってみた】/モモ母さん

DSC04175.JPG
こんにちは。「モモ母さん」です。

娘ふたりはそれぞれ自立しており、現在は夫とマルチーズのモモと暮らしている50代半ばの主婦です。インテリアや器が大好きです。日々の料理や食卓をブログに綴っております。

今回は「毎日が発見ネット」に掲載された村上祥子さんの「酢にんにく」(記事はこちら)を作ってみます。

レシピを拝見して、材料も少なく短時間で完成できそうなのですぐに作ってみたいと思いました。作る工程も少ないので、取りかかりやすかったです。
私たち夫婦は50代半ばを過ぎ、免疫力の低下など健康面が気になるところです。こちらの酢にんにくは、酢とにんにくを一緒にとることでにんにくの持つ代謝向上効果が上がるので、疲れない体づくりに役立ってくれます。
常温で1年間保存することができ、料理へのアレンジがしやすいのも嬉しいですね!

 

電子レンジ加熱で食べやすさアップ
酢にんにくを作ってみた

【材料】(出来上がり210g)
にんにく...1個(正味100g)
A
酢...100ml
砂糖...大さじ1
塩...小さじ1/2

DSC03980.JPG

 

【作り方】
1. にんにくの皮をむいて保存袋(レンジ可の物)に入れ、めん棒でたたいて粗みじんに砕く。DSC03982.JPG
2. 少しだけ袋の口を開けて、電子レンジ(600W)で1分加熱する。DSC03985_1.JPG
3. 用意した瓶に2のにんにくを入れ、を合わせて溶かして注ぎ、ふたをする。 12時間後から食べられる。DSC03993.JPG

 

実際に作ってみて、本当に簡単で驚きました。にんにくをたたいてレンジにかけて、調味料と共に瓶に入れるだけで完成します。今回はアレンジしやすいようににんにくを細かくたたきましたが、粒のまま漬けてお酒のおつまみとして食べるのも美味しそうです。
また、にんにくをレンジで加熱することで独特の臭みが減り、食べやすくなっているように感じました。

 

旬の食材でシンプルに味わう
ホタルイカと菜の花の酢にんにく和え

この酢にんにくをそのまま味わってみたくて、旬の食材を使ったシンプルな和え物を作ってみました。

【材料】
ホタルイカ(ボイルしたもの)...50g
菜の花...100g(1/2束)
A
酢にんにく...大さじ2
砂糖...大さじ1
しょうゆ...小さじ2

DSC04158.JPG 

【作り方】
1. ホタルイカは目と口と軟骨を取り除き、下処理をする。菜の花は沸騰したお湯で1分茹で、水に浸して水分を絞る。

2. 1のホタルイカと菜の花を、混ぜ合わせておいたAで和える。DSC04168.JPG
3. 器に盛って完成。DSC04178.JPG

菜の花のほろ苦さに酢にんにくの旨みが合わさり、春の味覚をたっぷり感じられる一品になりました。爽やかでさっぱりとした味で、お箸が止まらない和え物です。
お酒にも合う!と主人にも好評でした。

 

こちらは晩ご飯にいただいた時の写真です。DSC04062.JPG
主菜は鱈のフライ。副菜はこちらの和え物の他に、コーンポテトや豆苗を使ったスープを作りました。
メインは揚げ物ですが、酢にんにくの和え物がさっぱりしているので、全体的に味にまとまりがある食卓になりました。

 

酢にんにくの美味しさをたっぷり感じられる、旬の食材を使った「ホタルイカと菜の花の酢にんにく和え」。簡単で美味しいので、この春、ぜひ作ってみてくださいね!

 

関連記事「野菜本来の甘みを堪能!「野菜だし」でふんわり可愛いマフィンを【作ってみた】/モモ母さん」

モモ母さん
アメブロ公式トップブロガー。ブログ「毎日笑顔で過ごしたい アラフィフ主婦の料理と日常」主宰。ブログの読者数は8万2000人超。アンティーク家具や雑貨、北欧食器をコレクション中。著書に『『モモ母さんの毎日が笑顔になる絶品おかず「今日のごはん何にしよう...」を解決するレシピが140点』 、『家ごはんをおいしくするスプーン1杯の魔法 モモ母さんのワザありレシピ130』(以上KADOKAWA)。

書影.jpg

『モモ母さんの毎日が笑顔になる絶品おかず「今日のごはん何にしよう...」を解決するレシピが140点』

(KADOKAWA)

Amebaブログ「毎日のレシピ」ジャンルで連日人気のモモ母さんのレシピ本、待望の第2弾! 家族に人気の定番料理から本書のための新メニューまで、140点のレシピを掲載。翌日もおいしくいただくアレンジや、切っただけ&焼いただけの素材に使うたれやドレッシングなど、日々の献立をぐんと豊かにするアイデアが満載です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP