腰痛改善に効果的! フラダンスの基本動作をベースにした「健康フラ体操」とは?

180228_gikkuri_01.jpg

発症してしまうと、立ち仕事の人もデスクワークの人も苦しめられるのが腰痛。症状が酷ければ寝ている時も腰が痛むので、心の休まる時間がありませんよね。今回は腰痛を改善する方法をピックアップしたので、腰の痛みに悩んでいる人は是非実践してみましょう。


フラダンスの姿勢が腰痛対策に

昨年放送の「ソレダメ! ~あなたの常識は非常識!? ~」(テレビ東京系)では、腰痛改善に効果的な運動が特集されました。気になるエクササイズのカギを握っているのはなんとフラダンス。運動が苦手な人でも簡単に始められるフラダンスの基本動作の中に、健康に繋がるヒントが隠されています。

番組では、フラダンスの大会で世界一になった実績を持つキャロル・ハルヨ先生が「健康フラ体操」を紹介してくれました。スタジオに登場したハルヨ先生は「まず皆さん、普通に立ってみていただけますか?」と、早速出演者たちの体のバランスをチェック。

「耳と肩の位置が真っすぐになるように」というアドバイスを聞いて背筋を伸ばしたNEWS・増田貴久が、「綺麗なんですけど後ろにひっくり返っちゃってる」と姿勢を正されてしまう場面も。

姿勢の悪さから腰痛が起こるケースは非常に多いですが、フラ体操の基本姿勢を維持できれば改善可能です。背筋を伸ばして耳、肩、背中を一直線にするのがポイントなので、意識してみましょう。


骨盤改善に効果的なエクササイズ

また、骨盤の歪みやねじれも腰痛の原因の1つ。背筋を伸ばした状態で膝を曲げて腰を深く下ろせればオーケーですが、倒れそうになったら骨盤に異変が起きている可能性があります。フラ体操は骨盤の改善にもバッチリ対応できるので安心してください。

両手を腰に当てて、真っすぐ立ったら準備完了。右膝を曲げて左側の骨盤を上げる動作と、左膝を曲げて右側の骨盤を上げる動作を交互に繰り返せば腰の可動域が広がっていきます。体全体を動かさず、ヒザと骨盤だけを動かすのがコツ。1日たった3分間継続するだけで骨盤改善の効果があるから驚きですね。

フラダンスの動きが影響を与えるのは腰だけではなく、肩こりや五十肩の予防も見込めます。さらにウエストの引き締めという美容効果もあるので、ダイエットにも最適。

体の健康を整えるフラ体操。ぜひ一度トライしてみてはいかがでしょう?

関連記事:「あ、痛い! これってぎっくり腰!? そもそも「ぎっくり腰」ってどんな病気?/ぎっくり腰(1)」

PAGE TOP