旬のおいしさをぎゅっと!「りんごバター」「ほろ苦ジャム」/村上流りんご酢(7)

「1日1個のりんごは医者いらず」といわれ、毎日食べると健康が維持できることは、昔から知られていました。りんごは特有成分も多く、驚くほどたくさんの健康効果が期待できる身近な果物です。料理研究家で管理栄養士の村上祥子先生に、りんごの効果や健康レシピを教えてもらいました。

前の記事「肉だんごに!ジャムに! 酢漬けりんごを使った料理/村上流りんご酢(6)」はこちら。 

食物繊維やカロチンなどが豊富で、手に入りやすいりんご。そのまま食べるだけでなく、バターやジャムにアレンジしてみてはいかが? りんごの味わいを感じられる、簡単レシピを紹介します。

1712p050_01.jpg

トーストにぴったりですが、料理に使うと仕上がりが極上味に
「りんごバター」

大さじ1当たり70kcal/塩分0.1g

材料(できあがり200g分)
りんご...1個(正味200g)
砂糖...大さじ2
ワインビネガー(白)...大さじ2(米酢なら大さじ3)
バター(有塩)...100g

作り方
1. りんごは皮をむいて芯を除き、二つに切ってすりおろす。

1712p050_02.jpg 
2. 1を耐熱ボウルに入れ、砂糖、ワインビネガーを加え、両端を少し開けてラップをし、電子レンジ600Wで5分加熱する。

1712p050_03.jpg 
3. 取り出して混ぜ、ラップはしないで電子レンジ600Wで3分加熱し、さます。

1712p050_04.jpg 
4. バターをクリーム状に練り、3を少しずつ加えて滑らかになるまで混ぜる(一度に入れると分離する)。ふた付き容器に移す。

1712p050_05.jpg

保存期間
冷蔵で1カ月、冷凍で1年保存可能。

おすすめの使い方
・ムニエルなどの魚のソテーに添える。
・ ポークソテー、チキンソテー、ハム・ソーセージなど肉類に添える。
・みそ汁にスプーン1杯加える。
・パンにぬる。

1712p050_07.jpg

たいのムニエル

1712p050_06.jpg

 チキンソテー

  

1712p050_08.jpg

ハーブと柑橘、そしてりんごの香り豊かなジャムです
「りんご、ゆず、ローズマリーのほろ苦ジャム」

大さじ1当たり58kcal/塩分0g

材料(できあがり300g分)
柑橘類(ゆず、すだち、レモン、かぼすなど)...150g
ローズマリーの葉...4g
水...1/2カップ
りんご...1個(正味200g)
砂糖...200g

作り方
1. 柑橘類はお湯で洗ってワックスを除き、水分を拭き、四つ割りにする。ローズマリーの葉とともにフードプロセッサーにかけてみじん切りにする。(包丁でみじん切りにしてもよい)

1712p050_09.jpg 
2. 耐熱ボウルに1と水を加え、両端を少し開けてラップをして電子レンジ600Wで10分加熱する。

1712p050_10.jpg 
3. りんごの芯を取って一口大に切り、フードプロセッサーでみじん切りにする。(包丁でみじん切りにしてもよい)

1712p050_11.jpg 
4. 23と砂糖を加えて混ぜる。

1712p050_12.jpg 
5. 両端を少し開けてラップをし、電子レンジ600Wで10分加熱する。取り出して混ぜ、熱いうちに瓶に詰める。

1712p050_13.jpg

保存期間  
冷蔵で1カ月保存可能。

おすすめの食べ方
・マドレーヌやバウムクーヘンに添える。
・トーストやホットケーキにのせる。
・こんがり焼いた餅にのせる。
・チーズに添える。
・そのままペロリと食べても大変おいしい。

1712p050_14.jpg

ホットケーキに

1712p050_15.jpg

ヨーグルトに

 

次の記事「りんごドリンクがすぐ作れる「りんごのジュレ」「りんごしょうが湯」/村上流りんご酢(8)」はこちら。

取材・文/石井美佐 撮影/中野正景

村上祥子(むらかみ・さちこ)さん
<教えてくれた人>
村上祥子(むらかみ・さちこ)さん
料理研究家・管理栄養士。1942年、福岡生まれ。公立大学法人福岡女子大学国際文理学部・食・健康学科客員教授。食材の持つ力で健康寿命の延伸を図る研究に関与する。同大学内の「村上祥子料理研究資料文庫」では50万点の資料が一般公開されている。公式ホームページ http://www.murakami-s.jp/

この記事は『毎日が発見』2017年12月号に掲載の情報です。
PAGE TOP