肉や魚の下ごしらえに。「塩麹」を作りましょう/甘酒はすごい!(3)

1702p46_2.jpg

自家製甘酒(作り方はこちら)に塩を混ぜるだけで塩麹が出来上がりますが、この時に電子レンジを活用すると発酵が早く進みます。塩麹は肉や魚の下ごしらえに使うと分解酵素の働きでとても柔らかくなります。また、食材のうま味を存分に引き出します。

前の記事「手作り甘酒にチャレンジしましょう!」はこちら

1702p46_1.jpg

塩麹の作り方

材料(作りやすい分量)
甘酒(自家製)...100g
塩...小さじ2

作り方
1.耐熱容器に甘酒を入れ、塩を加えて混ぜる。
2.電子レンジ弱(150〜200W)で30秒加熱する。
3.2.を20分おきに、あと2回繰り返す。
4.常温で12時間おいて完成。ミキサーでピューレ状にしてもよい。

保存期間
冷蔵で3カ月間、冷凍で1年間

1702p46_2.jpg

「豚肉の塩麹焼き」

材料(2人分)
豚肉(しょうが焼き用)...200g
塩麹...大さじ2
サラダ油...小さじ2
A 砂糖...大さじ1
 酒...大さじ1
 片栗粉...小さじ1/2
レタス...2枚
こしょう、万能ねぎ(小口切り)...各少々

作り方
1.豚肉をまな板に並べ、塩麹をまぶす。
2.フライパンを温めてサラダ油を入れ、1.を並べて中火で4分焼く。裏返してAを回しかけ、ふたをして弱火で4分焼いて火を止める。
3.器にレタスを大きくちぎって敷き、2.を盛り、こしょうと万能ねぎをふる。



次の記事「料理に奥行きとうま味を。「しょうゆ麹」を作りましょう/甘酒はすごい!(4)」はこちら。

1702p44_murakami_prof.jpg
<教えてくれた人>
村上祥子(むらかみ・さちこ)さん
料理研究家・管理栄養士。1942年、福岡生まれ。公立大学法人福岡女子大学国際文理学部・食・健康学科客員教授。食材の持つ力で健康寿命の延伸を図る研究に関与。同大学にある「村上祥子料理研究資料文庫」で50 万点の資料が一般公開されている。公式ホームページ http://www.murakami-s.jp/
この記事は『毎日が発見』2017年2月号に掲載の情報です。

キーワード

友だちに教える
この記事が気に入ったらいいね!しよう
毎日が発見の最新記事をお届けします。
PAGE TOP
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット