"元"女子会のウェルカムディッシュに! 村上祥子先生の糖尿病改善レシピ4品を【作ってみた】/キョンキョンうさぎ

7.JPG

 

こんにちは。キョンキョンうさぎです。

シニア夫婦二人の生活です。夫もリタイアして数年、ゆっくり、まったりの時間、そんな毎日の夕食を中心にブログを書かせていただいています。

前回、「毎日が発見」2017年10月号に掲載された鈴木登紀子先生の「さらさあえ」を作り、 我が家の日常の夕食献立としました(記事はこちら)。
今回は同じ号に掲載された、村上祥子先生の「糖尿病"食べて改善"レシピ」から、 50kcalの副菜を4品作ってみました。

 

食材調達も調理も簡単!

嬉しいことだらけの副菜4品

 

選んだ副菜はこちらです。

1.ごぼうのチーズあえ
2.ピーマンとセロリのナムル
3.長いもと貝割れ菜のたたきあえ
4.しらたきの明太炒め

 

1.ごぼうのチーズあえ
【材料】
ごぼう...60g
〈A〉
粉チーズ...小さじ2
酢...小さじ2
オリーブ油...小さじ1
塩、こしょう...各少々
パセリ(みじん切り)...少々

【作り方】
1.ごぼうは皮をこそげるように洗い、4cm長さに切ってから薄切りにし、さっと茹でる。
2.Aを合わせて1.をあえ、パセリをふる。2.JPG

 

2.ピーマンとセロリのナムル
【材料】
ピーマン...60g
セロリ...60g
〈A〉
しょうゆ...小さじ1
砂糖...小さじ1
ごま油...小さじ2
豆板醤...小さじ2/5
すりごま(白)...小さじ1

【作り方】
1.ピーマンは縦に細切り、セロリは筋を取って5cm長さの細切りにする。
2.耐熱ボウルに1.を入れ、水大さじ1を加え、ゆるめのラップで電子レンジで加熱(600Wで1分30秒)。取り出して湯を切る。
3.合わせておいたAを加えてまんべんなく混ぜる。3.JPG

 

3.長いもと貝割れ菜のたたきあえ
【材料】
長いも...100g
貝割れ菜...60g
〈A〉
塩...2本の指で2つまみ
砂糖...小さじ1
酢...小さじ1

【作り方】
1.貝割れ菜は3cm長さに切る。
2.長いもは皮を取って細かくたたき、Aを加えて混ぜる。
3.1.2.を混ぜる。4.JPG

 

4.しらたきの明太炒め
【材料】
しらたき...120g
〈A〉
からし明太子(ほぐす)...30g
サラダ油...小さじ1
しょうゆ...少々

【作り方】
1.しらたきは4〜5cm長さに切り、ペーパータオルにのせて両端を少し開けてラップをし、電子レンジで加熱(600Wで2分)。
2.しらたきが熱いうちに、合わせておいたAであえる。(レシピはこちら5.JPG

 

4品のできあがりです!

1.JPG

 

我が家に常備の調味料でできるうえ、食材も簡単に手に入り、作り方も簡単。嬉しいことだらけでした。お味も薄味すぎず美味しく頂きました。
私の親友のご主人が最近、糖尿病と診断されました。仕事をしながら彼女は食事作りに苦慮しています。ぜひ、これらのレシピを伝授したいと思いました。

 

低カロリーという利点を生かして...

「女子会」のメニューに取り入れてみた

 

低カロリーなので沢山食べても罪悪感が無いのも、このレシピの嬉しいところ。食事会など、たっぷり食べたり飲んだりしたいときの献立にも良さそうです。
というわけで、この4品を前菜として、我が家でたま〜に開催する 「女子会メニュー」を考えてみました。
女子会と言っても、みんな60歳半ば過ぎの「元女子」・・・笑。毎回、楽しいお喋りで賑やか食卓! 遠慮なし! 気取り無し! アルコールは好みの物を持ち寄っての飲み放題!(笑)
和洋中? 美味しい物なら何でも。ざっくばらんなテーブルです。

【女子会メニュー】
・村上先生のレシピ4品
・スペアリブ八角煮
・もち米シュウマイ
・がんもどき、カブの炊き合わせ(生麩)
・チャプチェ
・餡かけ茶碗蒸し
・洋梨のコンポート

村上先生の4品を、こんなふうに小さな器に少しずつ盛り付ければ・・・
上品な"ウェルカムドリンク"ならぬ"ウェルカムディッシュ"のできあがりです。7.JPG

元女子たち、テンションアップ間違いなし♪

あとは、何が?どれが?メインかわからないけれど・・・ 食べたいお惣菜を取り合わせてみました。
「スペアリブ」に「もち米シュウマイ」・・・フィニッシュは「洋梨のコンポート」。低カロリーの前菜のおかげで、お腹にたまりそうな料理やデザートも気兼ねなく楽しめそう。6.JPG

 

試作終了、準備万端。このメニューで近々女子会を開催したいと思います。
楽しいテーブルになりそうです!

             

キョンキョンうさぎ
ブログ「シニア夫婦の食卓」主宰。40年近くの専業主婦歴を生かして綴られる、丁寧で楽しい日々の夕食の献立が人気。一汁三菜を基本とした彩り豊かな献立のほか、手作りパンやお弁当レシピも度々登場。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP