野菜たっぷり。鈴木登紀子さんの「さらさあえ」レシピで呑んべい夫婦も喜ぶ献立を【作ってみた】/キョンキョンうさぎ

1.JPG

はじめまして。「キョンキョンうさぎ」です。

シニア夫婦二人の生活です。夫もリタイアして数年、ゆっくり、まったりの時間。そんな毎日の夕食を中心にブログを書かせていただいています。 元気で美味しく食べて、楽しく飲んで・・・それが一番の願いです。

「毎日が発見」2017年10月号に掲載された「さらさあえ」を作ってみます。

ページをめくりながら真っ先に目に留まりました。 母と同じ年齢、TVなどで拝見している鈴木登紀子先生。食の基本から学ばせていただけるお料理の数々、そして何よりユーモアあふれる素敵なお人柄は私の目標の大先輩です。

関連記事「92歳、登紀子ばあば。料理は今も母がお手本/鈴木登紀子さん愛の料理(1)」はこちら。

そんな先生のレシピから、見た目にも身体にも優しいさらさあえを作りたいと思いました。シニアの食卓にピッタリ、ヘルシーな一品です。

 

鈴木登紀子先生のさらさあえを作ってみた

 

【材料】
〈野菜〉
大根...100g
にんじん...適量
きゅうり...1本
みょうが...2本
水...5カップ
塩...大さじ2
〈ささみの酒蒸し〉
とりささみ肉...1本
塩・こしょう...少々
酒...大さじ1
〈錦糸卵〉
卵...1個
塩...少々
サラダ油...適量
〈焼きしいたけ〉
生しいたけ...2枚
酒・うす口しょうゆ...各小さじ1
〈かげん酢〉
酢・だし汁...各大さじ3
砂糖...大さじ1
うす口しょうゆ...大さじ1/2
露しょうが(しょうがの絞り汁)...少々

まずは材料の準備。お出しは美味しい一番だしを準備しました。
2.JPG

 

【作り方】
1. 大根、にんじん、きゅうりは長さ3cmの薄い短冊切りに。みょうがは縦半分にしてから斜め切り。水に塩を入れて溶かし、野菜を10〜15分浸す。しんなりしたら、布巾できつく絞る。
3.JPG

 

2. 〈ささみの酒蒸し〉鶏肉は筋を取り、観音開きにし、塩こしょうを。小鍋に移し酒を振り、アルミ箔を乗せ弱火で蒸す。冷めたら繊維に沿ってちぎる。

3. 〈錦糸卵〉卵をボウルに割り入れ、塩を加える。フライパンで薄く焼いたら、すぐに盆ざるに上げ、菜箸にくるくる巻いて千切りにする。

4. 〈焼きしいたけ〉生しいたけを固く絞った布巾で拭き、石づきを取って焼く。焼き目がついたら酒としょうゆに浸し、千切りに。

5. 〈かげん酢〉の材料を合わせたら、全ての準備が完了!
4.JPG

 

6.1〜4をボウルに入れて混ぜ、かげん酢を半量注いで合わせる。物足りなければかげん酢を足す。器に盛り、しょうがの絞り汁を回しかける。

5.JPG

 

いつも目分量の私です。食材、調味料をきちんと計量しての作業は大変ながら、思いのほか楽しかったりもしました。
そしてこれまたチャチャっとの私は、野菜などに直接塩をしていました。先生の丁寧な作業、「塩水に野菜を浸す」! 知っていたことですがなかなか出来ていません。野菜の甘みを感じる優しい塩味で一味違いました。
「しょうがの絞り汁は器に盛り付けてから」。これもまた、一緒に和えてしまっています。盛り付けてから・・・香りが大切ですね。丁寧が、ひと手間が・・・大切だと、反省です。

 

さらさあえを夕食に・・・ 一汁三菜の今夜の献立

 

さらさあえを試食して、夕食の献立を立てました。
我が家は日頃、一汁三菜を基本としています。

・むかごご飯
・鶏モモ肉塩グリル焼き
・ふろふきカブラ
・さらさあえ
・イカの刺身
・長芋すり流し汁

〈鶏モモ肉塩麹グリル焼き〉

「塩麹」が話題になったのは何年前でしょう?  流行りの物は一応手を出してみる私です。そして、我が家の調味料の定番になりました。これはもう手放せません。麹、塩、水・・・手軽に作れるのも魅力です。
出来上がった物をブレンダーにかけ、トロトロ状態で冷蔵保存しています。その塩麹だけの味付けでこの日のメイン!
鶏モモ肉、余分な脂などを除いて、塩麹を揉み込んで密封袋へ空気を抜くようにして、夕食時間までチルドルームで保管。麹を洗い流し、ペーパーで水分を取って、グリル焼きです。焦げやすいので注意して焼きます。焼き上がりをカットして盛り付け。そのままでも、かんきつ類をキュッと絞っても美味しいですよ。

9.JPG

 

〈ふろふきカブラ〉

カブ! これから美味しい季節です。そのカブを使ってふろふきです。
厚めに皮を取ったカブを、美味しいお出し、みりん、うす口しょうゆ少々でコトコト。ある時点であっという間に火が通るので、煮崩れないように気をつけて。 白味噌、みりん、酒、砂糖、出しを火にかけてトロトロに練ります。柔らかく煮えたカブにたっぷりのお味噌で。(このお味噌は冷凍できます。多めに作ってもいいですね)

10.JPG

 

〈長芋すり流し汁〉

ふろふきカブラにお味噌を使ったので、いつもはお味噌汁の我が家ですが、この日は長芋を使って汁物です。
吸い物を作り一旦冷まします。その中にすりおろした長芋を加えてさっと温める程度に。盛り付けて擦り胡麻、青のりを。熱々のお吸い物に長芋すりおろしを入れると、すぐに固まったようになり、もたもたした物になります。一旦冷ましたお吸い物に長芋のすりおろしを入れ、食する寸前にさっと熱々にするようにしてくださいネ。

11.JPG

 

〈イカの刺身〉

そして献立のお楽しみ、おまけの一皿!この日、買い物へ出たのでイカのお刺身をゲット。小量ですが、呑んべい夫婦に嬉しい一皿です。

 

13.JPG

野菜もたっぷり採れる「さらさあえ」を副菜に、お肉のメインや「お楽しみ」の一皿を合わせて。
こんな献立で、秋の夜長をゆるゆると・・・。

キョンキョンうさぎ
ブログ「シニア夫婦の食卓」主宰。40年近くの専業主婦歴を生かして綴られる、丁寧で楽しい日々の夕食の献立が人気。一汁三菜を基本とした彩り豊かな献立のほか、手作りパンやお弁当レシピも度々登場。

PAGE TOP