「痛くてペットボトルのふたを開けられない!」今すぐチェック!手や指の痛み、腫れ/手指の痛み改善法(1)

pixta_22865235_S.jpg

 

手や指に、痛みや腫れなどの違和感を覚えた経験はありませんか? 

「手や指の病気の多くは、腱や靭帯、関節などが変形する変性疾患と呼ばれるものです。患者の8割は女性で、年齢的には50代がピークになります。しかし、手や指の違和感は放置しやすく、60歳前後になって関節が変形したり、痛みが増したりして病院を訪れる方が多いのです」とは、四谷メディカルキューブ手の外科・マイクロサージャリーセンター長の平瀬雄一先生。まずは下のチェック表で、手指の健康状態を確認しましょう。

 

【手や指の痛みや腫れ。こんな症状に心当たりありませんか?】

□親指の付け根の筋肉がやせてきて、ボタンをかけたり、細かい物を持ちにくくなった。
□夜間や明け方にしびれが強くなり、目が覚める。手を振るとラクになる気がする。
→ タイプ1へ

□指が腫れてきて、動かすと引っかかるような感じがする。
□指を伸ばそうとすると、"カクン"と戻る。
→ タイプ2へ

□手首の親指側が腫れて、親指を動かすと痛みがある。
→ タイプ3へ

□第一関節(指先から数えて1番目の関節)に痛みや腫れがある。
□第関節が変形してきた(曲がってきた)。
→ タイプ4へ

□第二関節(指先から数えて2番目の関節)に痛みや腫れがある。
□第関節が変形してきた(曲がってきた)。
→ タイプ5へ

□親指の付け根の下辺りが痛い。
□痛くてペットボトルのふたを開けられない。
→ タイプ6へ

  

次の記事:「「夜間や明け方にしびれが強くなる」「指が腫れてきた」その手指の症状はこんな病気!/手指の痛み改善法(2)」はこちら。

「手指の痛み改善法」特集すべての記事はこちら

  

平瀬雄一(ひらせ・ゆういち)先生
<教えてくれた人>
平瀬雄一(ひらせ・ゆういち)先生
四谷メディカルキューブ手の外科・マイクロサージャリーセンター長。東京慈恵会医科大学卒業。埼玉手の外科研究所形成外科部長などを経て、2010年より現職。
この記事は『毎日が発見』2017年10月号に掲載の情報です。
PAGE TOP