紅茶に入れて、牛乳に加えて。さっぱりヘルシー!りんご酢ドリンク/村上流りんご酢(4)

「1日1個のりんごは医者いらず」といわれ、毎日食べると健康が維持できることは、昔から知られていました。りんごは特有成分も多く、驚くほどたくさんの健康効果が期待できる身近な果物です。料理研究家で管理栄養士の村上祥子先生に、りんごの効果や健康レシピを教えてもらいました。

前の記事「「りんご酢はたくさん飲んでOK?」7つのQ&A/村上流りんご酢(3)」はこちら。

できあがったりんご酢は、まずはドリンクに活用してみるのが簡単。そのままストレートで飲むほか、アレンジして楽しむのもおすすめ。 あれこれ試して、お気に入りの味を探してみてください。ただし、多く飲んでも効果に変わりはありません。おいしいからといってたくさん飲むと、カロリーも高くなるので注意しましょう。飲む場合は、1日大さじ1~3杯が目安です。

そのままストレートで
1人分24kcal/塩分0g
りんご酢の飲用は1日最低大さじ1を目安に。

1712p046_01.jpg 

飲むヨーグルト風に
1人分91kcal/塩分0.1g
牛乳100mlにりんご酢を大さじ1~2加え、混ぜる。酢のカルシウム吸収促進効果で体に吸収されるカルシウム量もアップ!

1712p046_02.jpg

 

お湯で割って
1人分24kcal/塩分0g
りんご酢大さじ1を2~3倍の湯で割る。

1712p046_03.jpg

 

水で割って
1人分24kcal/塩分0g
りんご酢大さじ1を2~3倍の水で割る。炭酸水で割ってもおいしい。

1712p046_04.jpg

 

サワーティで
1人分24kcal/塩分0g
温かい紅茶を入れたカップにりんご酢大さじ1を加える。

1712p046_05.jpg

 

次の記事「減塩にも期待! 4つのりんご酢活用レシピ/村上流りんご酢(5)」はこちら。

 

取材・文/石井美佐 撮影/中野正景

村上祥子(むらかみ・さちこ)さん
<教えてくれた人>
村上祥子(むらかみ・さちこ)さん
料理研究家・管理栄養士。1942年、福岡生まれ。公立大学法人福岡女子大学国際文理学部・食・健康学科客員教授。食材の持つ力で健康寿命の延伸を図る研究に関与する。同大学内の「村上祥子料理研究資料文庫」では50万点の資料が一般公開されている。公式ホームページ http://www.murakami-s.jp/
この記事は『毎日が発見』2017年12月号に掲載の情報です。
友だちに教える
この記事が気に入ったらいいね!しよう
毎日が発見の最新記事をお届けします。
PAGE TOP
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット