つら~い目の不調を放置すると全身に不調が出る!/「ツボ押し」で目の不調を解消

11171fzm90Jb4L.jpg

スマホやPCの見すぎで、目のトラブルを抱える人は年々増えています。
本書『1日3回ツボを押すだけで目はすぐによくなる! 』では、近視・老眼・疲れ目・ドライアイなどの目の悩みを解消する「ツボ押し」法を紹介。
休憩時間などの空き時間に「ツボ押し」して、ツライ目の悩みを解消しましょう!

◇◇◇

目の不調を放置すると、目に疲労が蓄積して全身に不調が出ることも

まぶたが痙攣(けいれん)する、目の奥に痛みがある、ピントが合いにくい、視界がかすむ、目が充血するなど、目に不調を感じることはありませんか? 

目にはレンズの役割をしている水晶体があり、毛様体筋(もうようたいきん)という筋肉がその厚さを調節しています。この筋肉が縮む(緊張する)ことで水晶体が厚くなり、見ようとするものにピントが合います。目の不調は、この毛様体筋が緊張し続けることで起こるのです。

逕サ蜒柔逶ョ縺ョ繝・・繧・menotsubo_P13.jpg


みなさん、仕事でパソコンを使い、それ以外でもスマートフォンを使っていると思います。パソコンの画面などから発せられる光に反応すると瞳が縮み、それによって毛様体筋の緊張が強くなります。
パソコンなどの操作は目への負担が大きく、近年、目の疲労や痛みを抱える人が増えています。

目の不調は体からの危険信号

毛様体筋が緊張した状態が続くと、目に違和感や不調が現われます。そして、それを放置してしまうと疲労が蓄積し、慢性的な目の疲労感が起こります。これが眼精疲労です。
眼精疲労がきっかけとなり、やがて全身に不調が出ることもあります。この本では、ツボ押しを中心に近視や若年性老眼といった、目の症状を解決する方法を紹介しています。


体の不調も目が原因だった!? 

胃腸の調子が悪い、吐き気やめまいがする、筋肉のこりを感じるなど、原因不明の不調はありませんか?
その不調は、もしかしたら目が原因かもしれません。目の疲れが蓄積されて眼精疲労になると、まぶたの痙攣やドライアイといった症状が現われます。
しかし、目の疲労からくる不調は、目の周辺に現われる症状だけに留まらないのです。


毛細体筋の緊張で自律神経が乱れる

体のさまざまな器官の調整を行なっている、自律神経というものがあります。自律神経には交感神経と副交感神経があり、それぞれ興奮しているときとリラックスしているときに働いています。このふたつがバランスよく働いていることで、体が維持されているのです。

パソコンやスマートフォンを使って、毛様体筋が緊張し続けているとき、交感神経が優位になったままになります。こうして、自律神経のバランスがくずれると、頭痛や肩こり、イライラや集中力の低下などが起こるのです。
 
また、パソコンなどを使っていると、眼球を支える筋肉や毛様体筋がこわばり、目の周囲の血行が悪くなります。そして、長時間同じ姿勢でいることでも血行が悪くなるので、冷え性や腰痛、首や肩のこりが引き起こされることもあります。首や肩の血行が悪いと、脳への血流も悪くなるため頭痛が起こりやすくなるというわけです。

次の記事「注意! 電車の中でのスマホは目への負担が大きい/「ツボ押し」で目の不調を解消(2)」はこちら。

森岡清史(もりおか・きよし)

医学博士。吉祥寺森岡眼科院長。浜松医科大学医学部卒業後、東京大学大学院医学系研究科にて網膜色素上皮細胞の研究(微細形態)に従事。東京大学大学院を修了。医学博士取得。日本眼科学会眼科専門医に認定。東京医科大学病院眼科勤務、田無第一病院(現・西東京中央総合病院)眼科医長を経た後、吉祥寺森岡眼科を開設。全国でも数少ない眼精疲労治療室を併設して、東洋医学の考え方を取り入れた専門的な治療にもあたっており、今までにのべ15万人以上の患者を診てきている。

71fzm90Jb4L.jpg

『1日3回ツボを押すだけで目はすぐによくなる! 』
(森岡清史/KADOKAWA)


中高年の老眼はもちろん、スマホなどの普及で目にトラブルを抱える人は年々増加しています。現代人が抱える近視・老眼・疲れ目・ドライアイなど目の悩みを解消する「ツボ押し」法をメインに、名医がわかりやすく解説。ひと目でわかるツボ押しマップ付き。

この記事は書籍 『1日3回ツボを押すだけで目はすぐによくなる!』からの抜粋です
友だちに教える
この記事が気に入ったらいいね!しよう
毎日が発見の最新記事をお届けします。
PAGE TOP
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット