書くだけで生活費が3分の1減! 人気インスタグラマーの家計簿の付け方

メイン.jpg「今年こそは無駄遣いをやめてお金を貯めよう!」と意気込んでいる、そこのアナタに朗報! 毎日数分のスキマ時間に記入するだけでどんどんお金が貯まる、とっておきの家計簿があるんです。教えてくれるのは、ムック『毎日が幸せになる「づんの家計簿」 書けば貯まるお金ノート』。著者のづんさんが育児に奮闘しながら自作の家計簿をインスタグラムに投稿したところ、「楽しい! 」「きれい! 」とたちまちに評判に。目からウロコの家計簿の付け方に、ファンが急増しています。

 

「安いから買う」「まとめ買い」は本当にお得?

家計簿というと少し面倒なイメージもあるかもしれませんが、づんさんの家計簿はとてもシンプル。支払ったものをひたすら時系列に記録するだけなんです。づんさんの家計簿の「基本のキ」、そのいくつかをご紹介しましょう。

1 日々の支出をひとつひとつ書く
2 税抜き価格は税込み価格に
3 日々の支出は上書きしていく
4 お財布の残金も書く
5 クレジットカードの支出は、使ったその日に書く
6 給料、電気・ガス・水道などの固定費はわかったら書く

現金でもクレジットカードでも、公共料金も、使った(わかった)時点ですべて書いておくだけ。今までの家計簿のように、「食費」「日用品」「子ども費」などと項目を分けて管理する必要がないので、空いた時間にササっと書くことができます。いわば、家計版 "レコーディングダイエット"! お金の動きを把握できるようになり、今まで気付かなかった無駄が発見できるようになるとづんさんは言います。

例えば、「安いから買う」というのも要注意。半額のお肉を買っても、それを使うために買う予定のなかった野菜を買い足したり、結局使い切れずに腐らせたりしては、元の子もありません。洗剤などにも消費期限がありますし、必要以上のまとめ買いでお部屋を占領してしまうのも困りもの。「家計簿をつけてから本当のお得がわかりました」とづんさん。そうしてムダを省いた結果、それほど節約を意識しなくても、生活費が3分の1減になったというから驚きです。

 

不安を解消してポジティブな未来を!

「子どもの教育費はいくら必要?」「老後の資金は大丈夫?」など、将来に対する漠然とした不安も、家計簿をつけることで解消できるとづんさんは言います。家計簿をつけることで現状がよくわかれば、数年後のマネープランもきちんと立てることができ、不安がなくなるというわけです。

いかに不安をなくして過ごせるか、家族の今と未来を楽しいものにできるか、家計を預かる側の意識次第で解決していけます。

無理なく節約できて、自然とお金が貯まる、そして家族の未来がもっと楽しみになる――。そんないいことづくしのづんさんの家計簿、皆さんもぜひ実践してみてください。

 

文/寺田きなこ

書影.jpg
『毎日が幸せになる「づんの家計簿」 書けば貯まるお金ノート』

(づん/ぴあ) 

"インスタ映え"する家計簿として大人気の「づんの家計簿」シリーズ。づんさん一家の1カ月を追いながら、家計簿が完成していく様子がよくわかります。づん流整理術や生活のコツも大公開!

友だちに教える
この記事が気に入ったらいいね!しよう
毎日が発見の最新記事をお届けします。
PAGE TOP
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット