午前1時半の怪! 寝起きに出くわした"いつもと様子の違う義母"に不安/なとみみわ

unnamed (1).jpg

前回のエピソード:「息子や孫と同居できるのは嬉しいはず!」という勘違いに気づいた日

朝になって尋ねてみたら
「トイレと間違えたのかな〜〜」なんて笑ってたばあさん。
つられてなとみも笑って見せたけど
いつもとは様子が違うばあさんに、ちょっと不安で「ドキドキ」してました。

同居を始めた当時は、「認知症」とか「せん妄」とか、全然わからない私とダンナ。

そしてもちろんばあさん自身も。

その後は自分でも本を読んだり、ネットで調べたりして、

少しづつだけど、ばあさんの状態を理解するようになりました。

未知な事は怖い。

正しく理解する事で、すこ〜〜し「不安でドキドキ」が減っていく・・・

そんな気がします。

次の記事はこちら:何かやってほしい息子夫婦vs一切やりたくないばあさんの攻防

この記事もおすすめ:ある日、突然「介護者(介護する人)」に。そのきっかけは?

◇◇◇

なとみみわ

雑誌編集社の勤務後、テレビ制作会社に勤務。子育ても終わり趣味であるマンガを描きつつイラストレーターに加齢(?)なる転身。ブログ「あっけらかん」を運営するブロガー。

PAGE TOP