大変、だけど終わりは来る。介護の日々に感じたホンモノの幸せ/めぐろのY子

14年に渡り、ハハ(お母さん)の遠距離介護を続けてきためぐろのY子さん。大変な夜を家族みんなで乗り越えた次の日、「せめて今夜は超絶おいしいモンたべよーっっ!!」。愛に溢れた、忘れられない家族のひと時──。

最後に、めぐろのY子さんからのメッセージも。

前回の記事:老人たちに当たり前のように訪れる「死」。私が学んだ生きるということ/めぐろのY子


週末は大変でした。ハハが背骨の「圧迫骨折」になっちゃったのです!

もうコレは、老化現象なので、ホントにどうしようもなくて、激痛に耐えるハハを見守るしかないという。

たぶん、一番ハハが痛がるであろう晩のこと。

10_1.jpg

夜中に何度、パフパフが鳴ったことでしょう。

その度、オトトと階段をダダダ〜っと駆け下りてくと、おっちゃんが心細そうに廊下に立っている。

ハハも大変だけど、おっちゃんも大変。

なんとかその夜は乗り切ったけど。。

20160627122116cb6.jpg

「金に糸目はつけねぇ〜! 好きなモン言いなっ!!」
このどんより空気を払拭するには美味しいモンしかないっ!

ステーキ?カツ丼?何がいい?

おっちゃんの「カツオ食いてえ」の言葉で

初ガツオ! カツオのタタキに決定〜〜〜!!

10_2.jpg

ホントに大変だったけど、
まだまだハハもおっちゃんもしんどいけど、
その時、カツオのたたきは本当に美味しくて、
外は夕暮れ、窓からは涼しい風。

と〜〜っても幸せな気持ちになったんだ。

一見、とても幸せに見えない状況だけど、
この時の幸せはホンモノで、
たぶんここだけ切り取ったら
すっごくすごく幸せな家族だったと思うんだ。

この最後の一コマが描きたくて、
何があってもこのシーンを思い出したく備忘録・・・


<最終回・めぐろのY子さんよりメッセージ>

両親が亡くなって、早や1年が経ちました。

今、読み返してみると、なんて濃い時間を過ごしていたんだろうと改めて思います。

あれから私は感動する心が薄れてしまいました。

表裏一体と言うのでしょうか。

両親の介護が大変であればあるほど、
人からの何気ない親切にいたく感動し、

両親の何気ないふるまいを宝物のように胸に刻み、
壮絶なケンカの後の仲直りの握手の温かかったこと。

決して戻りたいとは思わないけれど、
こんな時間が持てたことが今となってはとても愛おしい。

介護は終わりがないから辛いと言うけれど、
介護は必ず終わります。
必ず終わりが来るのです。

もう、この両親に会えないと思うと辛すぎるので、
ちょっと遠くに引っ越して行ったと思うことにしています。

読んでいただいてありがとうございました!

めぐろのY子

 

関連記事:家族の絆も、新しい発見も。2017年編集部オススメ体験記5選

めぐろのY子

遠距離介護の一つとして日々の出来事を漫画にし、母へハガキ送っていたことをきっかけに、ブログ「絵描きと女子高教師をする子なし兼業主婦の絵日記 めぐろのY子より」をスタート。笑いと愛に溢れたブログに感動する人が続出。コミックエッセイ『結局!大丈夫 大丈夫』絵本『大丈夫 大丈夫』などが書籍化されています。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

■転載元

ブログ「めぐろのY子より」

「笑える」「泣ける」とアクセスが1480万を超えるブログ「めぐろのY子より」。イラストレーター、デザイナー、さらに女子高講師でもあるY子さんが綴る、ハハ(お母さん)の遠距離介護や日々の出来事。大好評につき、書籍化。

■めぐろのY子の「笑える介護マンガ」

『結局!大丈夫 大丈夫(上下巻)』好評発売中~!
※ネット限定販売の商品です。

PAGE TOP