【図々しいママ】「Wi-Fiくらい無料で貸しなさいよ」毎日、自分の息子を押し付けてくるママ友

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:とらとら
性別:女性
年齢:53
プロフィール:アラフィフ兼業主婦。最近身近な人から相談を受けることが多々あります。

21.jpg

53歳の兼業主婦です。

私の姪っ子A(35歳)の話で、第二子を妊娠中にとんでもないママ友に目をつけられてしまったことがありました。

Aは20代の頃に同じ歳の職場の方と結婚し、第一子を出産。

産休をとった後に復職しましたが、2020年の頭にめでたく2人目を妊娠し、無事に34週を迎えて再度産休に入っていました。

本人はもう少しお腹が大きくなるまで働く予定だったようですが、感染症が流行っていたのと上の子ども(現在6歳)の保育園がそれに伴い休園したため、夫婦で相談して早めに産休に入りました。

2人目だったので、最初の妊娠のときよりは落ち着いて過ごせるとAも思っていたようです。

しかし、問題が起こりました。

産休に入った数日後、ママ友のひとりであるBさん(30代)が自分の子どもを毎日、A宅に預けるようになってしまったのです。

事情を聞くと、Bさんは自分の子どもであるB息子(現在6歳)にゲーム機を持たせ、「Aさんの家で遊んできなさい」と毎日のように出かけさせるのだそうです。

なぜならBさん、かなりの節約家で家にWi-Fiをひいてないとか。

そのため、B息子をネットゲームで遊ばせるために友だちの家に行かせる、保育園でも有名なママだったようです。

そして今回、ちょうど産休に入って自宅にいるAが標的になってしまい、毎日同じ時間にB息子が家を訪ねてくるようになったのです。

最初は子ども同士で遊んでくれると家事に集中できると思っていたそうですが、Aの子がゲームに飽きたので別の遊びをしようと誘ってもB息子は断ります。

「ゲームがしたいから遊びに来てるんだもん」と言って1人でゲームを続けたそうです。

さすがにそれは...と思ったAは、Bさんに「家でもネット引いてあげたら?」とやんわり言ってみたのですが...。

「喧嘩せずに遊んでるんだからいいでしょ! Wi-Fiくらい無料で貸しなさいよ」

とすごい剣幕で言い返されてしまったそうです。

しかし、Aもそんなことを言われてすんなり従うほど大人しくありません。

「うちは、ゲームは食後30分間だけとルールを決めましたので、もうお子さんが遊びに来てもゲームはやらせません!」

はっきりとお断りしたため、それからB息子はA宅に来なくなったそうです。

当時Aは言い過ぎたかなと少し気にしていて、たまたま近所のスーパーで出会った私に相談してくれました。

ゲームのこともそうですが、感染症が流行っている時期です。

そんなときに妊娠しているお母さんの家に毎日子どもを遊びに行かせる、Bさんの配慮が足りない気がします。

だから「それでよかったのよ」と言ったら、Aは安心した様子でした。

その後、Aは元気な女の子を出産し、現在は仕事と子育てに奮闘しています。

人気記事:《漫画》朝8時に義母が玄関をピンポーン! 新生児育児中の我が家にやって来た親戚御一行<前編>
人気記事:《漫画》家族の前で「もう生理は始まったの!?」10歳娘に言い放った義母にドン引き...<前編>
人気記事:噛みまくる子猫が怖い...手放すことすら考えた私に、ふいに訪れた「気持ちの変化」《フニャコ》

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP