「誰にも迷惑をかけずにスッといきたい」祖母の"理想の最期"に、ちょっと待った!/認知症介護実録

同居する祖母・きみ子、73歳。「私のお財布盗ったでしょ!」...元看護師でバリバリ仕事をしてきた祖母が認知症に!? 認知症への知識もなく、これからの生活はどうなる...? そんな恐怖と不安を抱える日々を孫・さとみ目線で描き、Twitterに投稿されている"ほぼ実話"の介護マンガを元にした『嫌いから可愛いになった私のおばあちゃん ~認知症介護実録~』をお届けします。

認知症の祖母・きみ子さんと同居して介護をするさとみさん。認知症が診断されてから、きみ子さんの症状は日に日に進行していき、意思疎通も徐々に難しい状態になっていきました。いつかそうなるかもしれないと考えていたさとみさんは、きみ子さんにどのような余生を過ごしたいのか聞いていたのですが...。

【前回】「どうして人は生きるの?」認知症の祖母に人生相談をしてみたら深い答えが!?/認知症介護実録

●登場人物紹介

s-キャラ紹介修正.jpg

きみ子には理想の最期があった。

62-106-1.png

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

さとみ
進学先が祖母の家と近かったことで祖母との同居がスタート。その後、大学院生のときに祖母が認知症を発症したため、就職後も介護を続ける。現在、祖母は施設に入居中(コロナの影響で面会ができていない状況)。「沢山の書籍を読み、自分は介護に必要以上に苦しんでいたと気づいた」という経験を漫画で伝え、一例として役に立ちたいと、孫・さとみ目線で描く“ほぼ実話”の介護マンガをTwitterで連載中。

81+avVPVxkL.jpg

さとみTwitter:@satomi_qoljojo

コメント一覧

大事なことほど具体的に考えるのが怖いし面倒だったりします。 私も親に今後のことを話し合おうと持ちかけたとき “何をどう考えろというのか!!” “(実子たちが)適当にやっておいてくれ!!” “老いたこちらに考えさせるな” という意味のことを言われました。 “私がいなくなったら実子たちが兄弟間で話し合って一番良い方法で進めて欲しい” と言われ、内心、それでは(親がいなくなってからでは)遅いのだよ!!と思いました→いたとしても“決断ができない状態”になってからでは同じことです。

コメントする

いつも毎日が発見ネットをご利用いただきありがとうございます。
この度、コメント機能の提供ですが、2022年7月6日をもちまして終了することとなりました。なお、過去に投稿していただいたコメントも見られない状態になります。
ご利用の読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。長らくのご利用ありがとうございました。
引き続き毎日が発見ネットをどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP