【無神経な母】「安いね!」を食事会の主役が連発。母の米寿祝いは気まずい雰囲気になり...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:大家ぽん子
性別:女性
年齢:65
プロフィール:65歳主婦です。少し離れた場所に住んでいる89歳の実母がいます。

44.jpg

2021年、コロナが落ち着いたころを見計らい、ささやかですが実母(89歳)の米寿と母の日のお祝いを兼ねた食事会をしました。

食事会の前、私(65歳)と2人の兄(67歳と68歳)で話し合い、まだまだ食欲のある母の好物、寿司を食べることになりました。

元気とはいえ母も高齢なので、私たちも体調管理にかなり気を使い、事前の外出を控えたり、個室のある店を探したりして準備を進めていきました。

みんな少しづつ離れた場所に住んでいるので、久々の兄弟そろっての会食です。

雰囲気の良い店を選び、母の好きなマグロを多めにした献立を作ってもらいました。

せっかくのお祝いだからと奮発し、それほどたくさん食べられないであろう母に合わせて、良いものを少しづつ食べられるように手配したのです。

お店選びは大当たり! どの料理も大変美味しく、プロの味にみんなで唸りました。

さらに、職人さんが大サービスしてくれたと思われる良いマグロが次々と運ばれ、母も兄たちも大喜び。

「まあー! こんなにいいお刺身!」

「ウニまであるのねえ!」

嬉しそうな母の姿を見てホッとしていたところ、母が「いくらくらいの料理なの?」と聞いてきました。

「そんなの気にしないで」

「せっかくのお祝いなんだから、お金のことなんて言わなくてもいいよ」

兄たちが言いましたが、母はどうしても気になったようです。

「そんなこと言われたって気になるじゃない。ねえ、いくらだったの?」

そう言ってメニューをパラパラめくりだし、店員さんにまで聞きそうな気配でした。

「今日は夫からも軍資金をもらったから大丈夫よ。たくさん食べよう!」

私も何とか話題を変えようとしましたが、頑固な母は引き下がりませんでした。

根負けした上の兄が「〇〇円だよ」と金額を答えました。

すると、驚いたように「安いねえ!」と...その後も何回も「安いね!」を連発。

柔らかい一口サイズの牛肉にウニの乗った餡かけの小鉢や、素人目でも分かるくらい質の良い中とろを食べるたびに「これで〇〇円は安い」と言うのです。

上の兄は「言うんじゃなかった」とバツの悪そうな顔。

私と下の兄も「あーあ...」と、ちょっぴり気まずい雰囲気で会食は終わりました。

母が始終ご機嫌だったことと「美味しかったよ!」と言ってくれたのが救いでしたが、「これで〇〇円は安いね」と最後までお金のことばかり。

それほど裕福な家庭ではなかったせいか、母がお金のことでデリカシーがないことを言いがちなのは知っていました。

今回の「安いね」発言も「値段の割にとても良いコースだ」と言いたいのは分かります。

分かりますが、せっかくのお祝い気分がしぼんでしまいました。

人気記事:《漫画》67歳母がガン闘病中に「マンション買ってん」。完成間近に告げられた余命に涙...<前編>
人気記事:《漫画》土産に高級ステーキ肉を持ち帰った私。受け取った義母の反応が...なんか変?<前編>
人気記事:助かるけれど、ちょっぴりストレス...敷地内同居している義母の手料理《しまえもん》

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

いつも毎日が発見ネットをご利用いただきありがとうございます。
この度、コメント機能の提供ですが、2022年7月6日をもちまして終了することとなりました。なお、過去に投稿していただいたコメントも見られない状態になります。
ご利用の読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。長らくのご利用ありがとうございました。
引き続き毎日が発見ネットをどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP