【厚かましい親戚】「問題児の長男をお宅で育ててくれ」我が家に丸投げした叔母夫婦...その悲しい末路

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:まるおじ
性別:男性
年齢:53
プロフィール:専業主婦の妻と大学生、中学生の子ども2人の4人家族の父です。子どもが同時に中学・大学に進学してお金も手間も大変でした...。

25.jpg

60代後半になる叔母(母の妹)と、私の両親の間で、20年ほど前に起こった話です。

私の母は4人姉弟の長女なのですが、一番年下の妹だった叔母とはかなり年が離れていたため、母親代わりとしてよく面倒を見ていたそうです。

私が実家にいた頃も、遠方から叔母一家が遊びに来て、私たち家族と良好な関係が続いていました。

一方、昔から叔母夫婦は自分の長男(叔母夫婦の息子)とはあまり上手くいっておらず、我が家に来たときでも親子喧嘩をすることがありました。

そして、そのような環境だったせいか、だんだんと長男が荒れ始め、学校でもトラブルを起こすようになりました。

しかし、叔母夫婦は我関せずとばかりに長男を避け、会話はほとんどなかったと言います。

その後、長男は高校には何とか入ったものの、またもや同級生とトラブルを起こすと不登校になり、自宅に引き篭もったままになってしまいました。

困り果てた叔母夫婦は、私の両親のところにやって来ると、長男を預ってほしいとお願いをしてきました。

当時、実家は私も弟も成人して一人暮らしをしていたので、両親には余裕はあったものの、さすがに不登校の親戚の子を育てることはできないと断っていました。

しかし、その後も母への依存心が強い叔母は長男を引き取って欲しいと頼み続け、ついに私の両親も根負けしてしまい、引き受けることになったのです。

最初はあまり口を利こうとしない長男にどのように接すればよいか分からず戸惑っていた私の両親でしたが、次第に長男も心を開き始めたそうです。

通信制の高校で勉強を始め、私の両親とも上手くやっていけるようになりました。

そして、何とか大学に合格して一人暮らしをすることになり、私の実家から出て行くことに。

根は良い子だし、独り立ちできて良かったと私の両親は喜んでいました。

しかし、我が子と向き合おうとせず母に長男を押し付けた叔母の図々しい態度に、私はずっとモヤモヤとした気持ちを持ち続けていました。

ところが5年前、私が単身赴任で実家から遠く離れたところにいたときのことです。

父が体調を崩して入院してしまった際、その長男が父の世話を手伝ってくれたと聞き、少しだけ救われた気持ちになりました。

恩を忘れずに両親の支えとなってくれた叔母の長男に感謝の気持ちと、両親にとって面倒な存在だと鬱陶しく思っていたことを申し訳なく思いました。

その長男は、今では結婚して幸せな家庭を築いていますが、叔母一家とは今も断絶状態です。

家を出た後は口を利いていないし、これからも関わるつもりはないと言っています。

人気記事:「この子は息子の子や!」突然上がりこんできた姑が息子を抱いて逃走!《かづ》
人気記事:《漫画》義母と私の関係は良好! なのに...一歩たりとも「我が家に上がらない」のはなぜ?<前編>
人気記事:《漫画》娘が「17歳で出産した孫」を育てている我が家。しかし娘は育児放棄して夜遊びを...?<前編>

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

いつも毎日が発見ネットをご利用いただきありがとうございます。
この度、コメント機能の提供ですが、2022年7月6日をもちまして終了することとなりました。なお、過去に投稿していただいたコメントも見られない状態になります。
ご利用の読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。長らくのご利用ありがとうございました。
引き続き毎日が発見ネットをどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP